リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】語句検索レポートとは?アップデート情報と合わせてご紹介

リスティング広告に役立つGoogle広告の語句検索レポートについて、アップデート情報と合わせてご紹介します。

【Google広告】語句検索レポートとは

検索語句レポートとは、実際の検索で表示された広告の掲載結果を確認できる機能です。

検索語句レポートの確認をするには、Google広告の管理画面で「検索語句」というボタンをクリックします。

クリック後、以下のことが確認できます。

・実際にユーザーがどのようなキーワードで「入力・検索」をしたか

・広告をクリックしたか

・どういった流れでコンバージョンに至ったのか

検索語句レポートをもとに、コンバージョンしたキーワードをチェックすることで、キーワードの追加や除外を都度変更していくと広告効果をより高めることができます。

検索語句レポートを活用するメリット

検索語句レポートを活用する主なメリットは、以下の2点です。

・成果が見込める検索語句を見つけ、新しいキーワードとして追加できる
・関連性の低い検索語句を見つけ、除外キーワードに指定できる

検索語句レポートを活用することで、よりビジネスに繋がる見込のあるユーザーに広告を表示でき、逆に関心が低いユーザーに広告を表示する無駄な費用を削減することが可能です。

アップデート情報(2021年9月)

2021年9月より、Googleでユーザーのプライバシーを保護を強化するアップデートが行われました。これにより検索語句レポートに関してもプライバシー基準を満たした検索語句がより表示されるようになっています。

レポートには、2021 年 2 月 1 日以降に検索された語句についてのデータが表示されます。この更新により、より関連性の高いキーワードのテーマを特定できるようになり、広告コピーやランディング ページなどを最適化しやすくなります。また、これらの指標と Google 広告の他の指標との整合性が高まります。

引用元:https://support.google.com/google-ads/answer/11127882

また、検索語句レポートの現在の基準を満たしていない過去の検索語句のデータについては、2022 年 2 月 1 日を過ぎるとレポートに表示されなくなるため、注意が必要です。

まとめ

今回は、Google広告の検索語句レポートについてご紹介しました。 プライバシー基準を満たしたアップデートも行われ、ますますメリットの増えた検索語句レポートをぜひ日頃のマーケティング活動にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ