リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Googleファインド広告について解説~cookie規制に対応できる新しい広告配信のカタチ~

リスティング広告に役立つGoogleファインド広告について解説します。 2019年にスタートしたGoogleファインド広告は、様々なプラットフォームでcookie規制が強化されている現在、成果を出せるフォーマットとして注目が集まっています。

Googleファインド広告とは

ファインド広告とは、Googleが保有するプラットフォームの中で特にユーザー数の多い YouTube ホームフィードや次のおすすめフィード、Discover、Gmail の [プロモーション] タブや [ソーシャル] タブで表示されるディスプレイ広告の一種です。

ユーザーの検索履歴や動画視聴履歴、Webサイトの閲覧履歴などの情報に基づき、ターゲット層に対して関連性の高い広告をフィード形式で配信することができます。

Googleファインド広告のメリット

Googleファインド広告を活用するメリット3つをご紹介します。

Google サービスの幅広いユーザーにリーチできる

Googleファインド広告を活用する最大のメリットは、「月に最大 30 億人ものユーザーにリーチできる」という点です。

ファインド広告はユーザーがGoogleアカウントにログインしているプラットフォーム内での検索履歴、動画視聴履歴などに基づいて、ユーザーの関心が高いと判断された広告が表示されます。

つまり、cookie規制の拡大によりこれまで通りにデータを活用することが難しくなってきている中で、ファインド広告を活用すれば、ユーザーの興味関心に対するデータを活用することが可能です。

カスタムオーディエンス機能で最適なユーザーにリーチできる

「カスタムオーディエンス」という機能を用いて、関連性の高いキーワード・URL・アプリを追加すると、Google 広告は追加された内容について審査した上で、その内容に関心が高いユーザーに広告を表示します。

この機能を使うことで検索連動型広告でリーチできないユーザーへのアプローチが可能になります。

新しいフォーマットでさまざまな Google サービスで大規模にアピールできる

ファインド広告は2019年から開始した比較的新しいフォーマットです。視覚的表現の豊かな1 枚の画像または画像カルーセルを使いカードをスワイプするユーザーにアピールします。

また、ユーザーが目的のコンテンツを見つけられるように、機械学習によって設定した広告レイアウト構成や説明文を組み合わせて広告配信を行ってくれます。そのため作業工数をかけずにユーザーの関心を集め購買促進に効果的な配信ができます。

まとめ

今回は、Googleファインド広告についてメリットと合わせてご紹介しました。 Googleでは、2020年1月にサードパーティCookieを2年以内に廃止していくと発表しています。

従来のWeb広告ではほとんどがcookieを活用した広告配信を行っています。そんな中Googleファインド広告は今後期待できる広告配信方法です。 この機会に活用をご検討してみてください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ