リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Yahoo!広告最新アップデート情報(2021年10月20日リンク先URL形式の変更について)

リスティング広告に役立つYahoo!広告の最新アップデート情報をご紹介します。

2021年10月20日より「最終リンク先URL」が必須になる

2021年10月20日より「最終リンク先URL」の入稿が必須となります。 また、スマートフォン向けURLやトラッキング用のURLを設定する項目も追加されるようになり、より柔軟に計測設定ができるようになるとの事です。

今回のリリースに伴い、現在の入稿形式は今後提供終了予定になるため、全ての広告を新形式へ移行する必要がありますのでぜほチェックしておいてください。

なお、変更点については、旧形式の「リンク先URL」が廃止になり、「最終リンク先URL」が必須になることで、従来の「表示URL」は自動生成されることになります。

参考:Yahoo!広告 リリース情報資料『リンク先URL形式の変更について』(リンククリック後、資料(PDF)のDLが可能です。必要な方はこちらから取得してください)

アップデートの意図について

アップデートの背景には、表示URLとリンク先URLが不一致によるユーザーが想定していなかったサイトに誘導されることの防止があり、 広告の健全性を向上するための措置のようです。

また、運用面の効率化を図るため、 ディスプレイ広告で各種計測を行う時のトラッキング用URLを上位エンティティでまとめて設定可能にするなどで運用工数削減に繋がるアップデートもなされます。

移行スケジュール

移行スケジュールについては、以下のとおりです。

新形式の開始日:2021年10月20日(水)
旧形式の終了時期:2022年6月頃(予定)
新旧の並行運用期間:2021年10月20日~2022年5月目途

参考:Yahoo!広告 リリース情報資料『リンク先URL形式の

変更について』(PDF)より

まとめ

今回は、Yahoo!広告の最新アップデート情報についてご紹介しました。

リンク先URL形式の変更はあと一ヶ月ほどで始まりますが、2021年10月20日~2022年5月頃(予定)までは並行運用が可能なので、その間に設定の変更をしておきましょう。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ