リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google広告のアップデート情報(2022年6月30日以降のキャンペーン検索の変更について)

リスティング広告に役立つGoogle広告のアップデート情報についてご紹介します。

2022年6月30日より検索キャンペーンは「レスポンシブ検索広告」のみに

2022年6月30日よりGoogle広告の仕様が変更になり、現在は使用できる検索キャンペーンで拡張テキスト広告の新規作成・編集が不可になります。

現在の検索キャンペーンでは、「拡張テキスト広告」と「レスポンシブ検索広告」の二つを選択できます。

「拡張テキスト広告」は固定されたアセットを表示でき、「レスポンシブ検索広告」は機械学習を通して複数のアセットを自動的に組み合わせることができます。

今回の発表で、2022年6月30日より検索キャンペーンで作成・編集ができる広告タイプがレスポンシブ検索広告のみとなることが決まりました。

これに伴い、2022年6月30日以降は拡張テキスト広告の作成・編集はできません。

なお、既存の拡張テキスト広告は引き続き配信できますので、現在使用している拡張テキストを編集しておきたい場合は来年の2022年の6月までにしておきましょう。

アップデートの意図について

Googleによると、毎日15%nもの新しい検索語句が生まれており、ユーザーの検索内容は常に変化しています。

2021年7月に行われたフレーズ一致に関するアップデートについても、多様化する検索語句に対してより最適な広告が表示されるためのものと考えられます。

このため、機械学習で対応するレスポンシブ検索広告の重要度が増し、今後は広告グループを最低一つのレスポンシブ検索広告に設定することをGoogleでは推奨しています。

Googleでは効果的な検索広告について下記のように紹介しています。※以下抜粋

よくある定型句は避け、具体的な行動を促すフレーズを選ぶ

一般性の高いフレーズはエンゲージメントの減少につながります。

広告見出しの作成に注力する

見出しはユーザーが一番目にする部分のため、効果的な広告掲載のために重要になります。

レスポンシブ検索広告をスマート自動入札および部分一致キーワードと組み合わせる

部分一致キーワードとスマート自動入札とレスポンシブ検索広告を組み合わせて利用することで、拡張テキスト広告と同様のコンバージョン単価で平均20%多くコンバージョンを獲得しているようです。

広告バリエーションを使用して、クリエイティブ メッセージを繰り返しテストして最適化する

広告バリエーションをしようすることで、ユーザーの傾向を学習し、広告文や見出しを最適化することで、成果を伸ばすことができます。

参考:https://support.google.com/googleads/answer/6167122?hl=ja

まとめ

今回は、Google広告のアップデート情報についてご紹介しました。この機会に2022年6月30日までに既存のGoogle広告の設定を見直し、アップデートに対応できるようにしておきましょう。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ