リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Googleマイビジネスとは?メリット・デメリットと活用事例

Googleマイビジネスとは?

有店舗型ビジネスでの集客は、現在では、紙媒体からオンラインでの集客が主流となり、その種類は、Web広告・SNS・口コミ・動画サイトなど多岐に渡っています。

特に、スマホの普及でユーザーが手軽にオンラインで店舗を探すようになったため、ローカル検索を上手く活用することが、集客する上で重要な要素となります。

ローカル検索とは、Google検索でヒットしたお店の場所や情報を表示させる機能のことをいいます。

Googleマイビジネスは、このローカル検索を活用して、表示される自店舗の情報を管理できるサービスです。

登録は無料ででき、ユーザーがお店を見つけた際に、営業時間、住所、ウェブサイトなどの情報にアクセスできるようにします。

また、口コミへの返信や、ユーザーがどのような情報からアクセスしたかについてのデータの分析が可能なため、提供する商品やサービスのアピール方法の戦略にも活用できます。

Googleマイビジネスの機能とメリット・デメリット

Googleマイビジネスでできること

・店舗の基本情報・写真を掲載できる
ナレッジパネルで情報の管理・編集ができます。

・口コミの返信・削除ができる
口コミに対するアクションをすることでユーザーとの交流が図れます。

・リアルタイムの情報発信ができる
自店舗のキャンペーンやイベントなどの情報をタイムリーに掲載できるので、ユーザーの関心を高めるアピールができます。

・分析情報の閲覧ができる
ユーザーがどのような情報からアクセスしたのかを確認できます。検索数・閲覧数・アクセス数がリアルタイムで表示されるため、潜在顧客の見込みを分析することが可能です。

・無料でWebサイトを構築できる
Googleマイビジネスに登録した店舗情報から店舗ホームページを自動生成してくれる機能があります。

数分で作成出来るため、サイト制作の時間が取れない場合でもサクッと自店舗のWebサイトの立ち上げが可能です。

メリットとデメリット

〈3つのメリット〉

1.正しい店舗情報を管理・編集できる
2.投稿機能や口コミ機能でユーザーと交流ができる
3.分析データを元に商品やサービスを広くアピールできる

Googleマイビジネスでは、登録しているビジネスオーナー以外の第三者が店舗情報を勝手に編集できないようになっているため、正しい店舗情報を常に表示しておくことができます。

また、投稿や口コミでユーザーと交流できるため、サービスへの要望や改善点が把握できたり、分析データを元に広告を打つこともメリットといえるでしょう。

一方、デメリットとしては、口コミが全て表示されるため、悪い口コミも見れてしまいます。しかし、サービスに対して改善が必要な口コミは真摯に受け止め返信を行うことでイメージ改善につながるかもしれません。

ただ注意が必要なのは、誹謗中傷が含まれるような悪質なものは口コミです。そういった口コミに関しては削除や通報機能を行えるので随時確認しておくとよいでしょう。

Googleマイビジネスの活用事例

株式会社あさひ

「サイクルベースあさひ」を全国展開する株式会社あさひでは、近年のデジタル化に対する施策として、Googleマイビジネスを導入しました。

これまではチラシ広告での集客で売り上げを伸ばしてきた会社でしたが、オンライン集客では「自転車+地名」での検索順位が低く来店につながりにくいという課題がありました。

そこで、従来のチラシ広告と合わせて、Googleマイビジネスを活用することで、自転車を求めているスマホユーザーに対して、 Google 検索や Google マップ上で正確な情報を見つけられるようにしました。

さらに検索連動型広告を店舗商圏にあわせて配信することで、GoogleマイビジネスとGoogle広告を活用し、デジタル広告での広告戦略に力を入れました。

その結果、店舗の売上は前年比 +10%、来客数では 前年比+7.6%増加させることに成功しました。

参考:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/data-and-measurement/cyclebaseasahi/

株式会社ニトリ

家具およびインテリア用品小売業の大手チェーンストアを展開するニトリは、店舗の在庫情報に紐づいたデータフィードとGoogle マイビジネスを連携させる取り組みを行いました。

また、ニトリ各店舗の電話番号を全店舗共通のフリーダイヤルに一元化することで、店舗ごとの電話対応をなくし、サポート体制を強化しています。

さらにGoogleとの共同マーケティングで、一人ひとりに最適化された広告配信をすることを実現しディスプレイ広告表示を大きく上昇させることに成功しました。

参考:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/future-of-marketing/emerging-technology/nitori2/

まとめ

今回は、Googleマイビジネスのメリット・デメリットと合わせて活用事例をご紹介しました。 NTTドコモ モバイル社会研究所の調査によると現在はスマホユーザーが9割を超えたそうです。

それと同時にデジタル施策が店舗側でも重要となってきています。
Googleマイビジネスでは、私たちがお店を検索するときの情報を店舗側が管理できることや投稿・口コミでユーザーと交流を図れるメリットがあります。

さらに、分析情報を元にキャンペーンを展開することも可能です。
ユーザーの反応を元に今後の戦略を練ることができるのは力強いツールとなることでしょう。

この機会に導入をご検討されるのはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ