リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

プレースメントターゲティングとは指定したWebページに広告を配信できる機能

  • プレースメントターゲティングとは何?設定することでどんなメリットがあるのだろうか?
  • どんな状況のときに使うと効果的なんだろう。
  • 効果的に活用するためのポイントも知りたい。

「自社の商品やサービスに興味を持ちそうなユーザーに対し、ピンポイントで広告を表示させたい。」そんな場合に効果的なのが「プレースメントターゲティング」です。

この記事では、プレースメントターゲティングの特徴やメリット、どんな状況であれば効果的に使えるのか、また、実際に設定する際のポイントについて解説します。

この記事を読むことで、プレースメントターゲティングの概要がわかります。ぜひ最後までご覧ください。

プレースメントターゲティングとは

プレースメントターゲティングとは、指定したWebページや動画、アプリに広告を配信できる機能です。

利用することで次のような範囲で配信先を指定可能です。

  • Webページ→URL単位
  • YouTube→特定の動画やチャンネル単位
  • アプリ→アプリやカテゴリ単位

Google広告とYahoo!広告では表記が異なり、GDN(Googleディスプレイネットワーク)の場合は「プレースメント」、YDA(Yahoo!ディスプレイ広告)の場合は「プレイスメント」と表記します。
※この記事ではGoogle広告のプレースメントターゲティングについて解説しています。

プレースメントに自動と手動がありますが、今回解説するものは手動プレースメントです。自動プレースメントは指定したキーワードやトピックに基づき、システムが自動で関連性の高い広告配信先選んでくれる機能です。

プレースメントターゲティングのメリットは狙ったターゲットにピンポイントで広告配信できること

プレースメントターゲティングのメリットは、宣伝したい商材と相性の良い配信先や、ターゲットとなるユーザーと親和性の高い配信先を指定することができる点です。

商品やサービスに興味をもつユーザーに狙いを定めて広告表示できるので、少ない予算でも高い広告効果が期待できるのです。

また、すでに広告配信している場合、その配信実績から、

  • コンバージョンに結びついていない配信先
  • 広告効率が悪いと思われる配信先

これらを除外することで、さらに効率的な公告運用が可能となることも魅力です。

プレースメントターゲティングが有効的な状況

プレースメントターゲットが有効なのは、次のような状況のときです。

  • 自社商材と相性が良さそうな広告配信先がある
  • ターゲットとなるユーザーが明確に想定できる
  • コンバージョンに結びつく可能性が高い配信先などがある

たとえば「アメーバブログ」のサイトURL「ameblo.jp」を指定すると「アメーバブログ」のファッションカテゴリのブログ内に広告を配信できるようになります。よって洋服に関心のあるユーザーに広告表示ができるといったイメージです。

ファッションに興味があるユーザーがサイト訪れているわけですから、当然コンバージョンに結びつく可能性も高いでしょう。

プレースメントターゲティングを設定する際のポイント

プレースメントターゲティングを設定する際のポイントは大きく分けて次の2つです。

  • 他のターゲティング方法を組み合わせて使う
  • これまでの広告配信実績から効果の高い配信先を選択する

それぞれについて解説します。

他のターゲティング方法を組み合わせて使う

プレースメントターゲティングは、配信先の指定に加え、別のターゲティングと組み合わせることで、さらに高い効果を期待できます。

なぜなら、WebページのURL指定だけだとターゲットの範囲を絞りきれないからです。

具体的には「キーワード」や「ユーザーの属性」と組み合わせることが効果的です。

ここでは、先ほどの例で示したように、自社の洋服を「アメーバブログ」で広告表示させるため、URL「ameblo.jp」を指定したときのケースを紹介します。

キーワードとの組み合わせ

アメーバブログのように、カテゴリが複数あるようなWebサイトに対してプレースメントターゲティングを設定すると、配信する対象ページが広くなりすぎて、洋服に興味がないユーザーにも広告が配信される可能性があるのです。

そこで、URL「ameblo.jp」を指定と「洋服」というキーワードを組み合わせます。

そうすることで、「アメーバブログ」内の洋服のページに狙いを絞った広告配信が可能になり、よりピンポイントにターゲティングができるのです。

ユーザーの属性との組み合わせ

プレースメントターゲティングに年齢や性別などのユーザー属性を組み合わせることで、どのようなユーザーに広告を表示するかを指定することができます。

商品やサービスのターゲットユーザーの属性が決まっている場合には非常に効果的です。

たとえば、30代女性向けの洋服であれば、URL「ameblo.jp」を指定と「30代」「女性」というユーザー属性を組み合わせます。

これにより、30代女性にピンポイントに広告表示ができるでしょう。

これまでの広告配信実績から効果の高い配信先を選択する

すでに広告運用を実施している場合は、広告管理画面やレポート作成をすることで、配信先ごとの実績が確認できます。

  • コンバージョンの状況が良いプレースメントの入札を強化
  • CVRが低いプレースメントの除外設定を行う

このように配信後の効果計測を行うことで、さらに効率的な広告運用につなげることができるでしょう。

まとめ

プレースメントターゲティングの最大のメリットは、狙ったターゲットにピンポイントで広告配信できることです。

  • 自社商材と相性が良さそうな広告配信先がある
  • ターゲットとなるユーザーが明確に想定できる
  • コンバージョンに結びつく可能性が高い配信先などがある

このような状況下では、高い効果を発揮するでしょう。

また、キーワードやユーザーの属性と組み合わせることで、さらに高い効果が期待できます。

プレースメントターゲティングを上手に利用して、少ない広告費で大きな成果を出しましょう。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ