リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

コールアウト表示オプションとは?メリットや設定内容・注意するポイントを解説!

コールアウト表示オプションとは、Google広告の広告表示オプションのひとつ。 簡単なキャッチフレーズ(説明文)を、画像の黄色いラインの部分のように広告文の後に複数載せることができる機能のことです。

今回は、このコールアウト表示オプションについて、詳しく解説していきます。

コールアウト表示オプションとは

コールアウト表示オプションとは、Google広告の広告表示オプションのひとつです。 簡単なキャッチフレーズ(説明文)を、画像の黄色いラインの部分のように広告文の後に複数載せることができる機能のことです。

業種や商品に関わらず、広く使用できることが利点となっています。 また、主な用途としては、分かりやすく簡単に自社のサービスや商品の魅力を伝えることができ、誘導につながります。

コールアウト表示オプションを使うメリット

では、コールアウト表示オプションを使用するメリットについて2点解説していきます。

サービス内容をアピールできる

1つ目のメリットは「サービス内容を短い言葉でシンプルにアピールできる」という点です。

簡潔な言葉やワンフレーズだけで、サービスの特徴などをアピールできるので、ユーザの興味を引くことができます。

柔軟にカスタマイズができる

2つ目のメリットは「柔軟にカスタマイズができる」という点です。

例えば自動車を商材とした配信であれば、「燃費抜群」といった情報や、「リッターあたり〇km」といった具体的な情報をなどテキストベースで自由に記述可能です。

コールアウト表示オプションに設定すべき内容

次に、コールアウト表示オプションに設定すべき内容のポイントを見ていきましょう。

あると役に立つ内容にする

コールアウトの内容は、ユーザーにとってサイトを訪れるかどうかの判断材料となります。

ユーザーに対して役立つ情報を記載していることで、サイトに誘導できる可能性が高くなります。

そのため、ユーザーにとって役立つ内容をコールアウトに記載しましょう。安心感やお得感などの要素に絞ってアピールするとよいでしょう。

他の広告オプションと組み合わせられる内容にする

コールアウト表示オプション以外にも広告オプションはあります。

例えば、電話番号を記載して電話番号表示オプションを利用すれば、そのまま電話をかけることができるなど、様々な広告オプションがあります。

コールアウト表示オプションだけではなく、その他の広告オプションとの相性も考えて文章の内容を決めると、より効果的です。

シンプルでわかりやすい内容にする

次項で挙げますが、コールアウトには文字数制限がありますので冗長な表現はさけるべきです。シンプルでわかりやすい内容にしましょう。

ただ、文字数制限があっても”20代女性に人気”や、”肌トラブルに悩む方向け”など、ターゲットを絞っていることを明記するなどして、わかりやすく表現するとよいでしょう。

コールアウト表示オプションを設定する際に注意すること

最後に、コールアウト表示オプションを設定する際の注意点を挙げていきます。

コールアウトはサブ要素

コールアウトはあくまでも、サブ要素になります。メインは広告文です。 ですので、コールアウトはユーザーが喜ぶようなポイントを簡潔に載せてアピールしましょう。

例えば、”全国対応”や、”無料期間”など、ユーザーがあったら喜ぶような、お得に感じるポイントを記載するといいでしょう。

文言は簡潔に

コールアウトで効果を上げるのに必要なことは、文字数を少なくし、明瞭で端的にまとめて記載されていることです。

「文字数制限がある」で挙げていますが、文字数が決まっていますので、より短く具体的に分かりやすくすることが重要になります。

競合他社との差別化

コールアウトは、他社にはない自社の強みを存分にアピールする場として位置づけることができます。

”〇〇専門”など、ユーザーが安心できるような他社には無い自社の魅力を記載しましょう。

具体的に表現する

具体的に記載することによって、ユーザーが求めている商品やサービスがあるか判断しやすくなります。例えば、数値などで表現すると具体的に伝わり、説得力も増すでしょう。

文字数制限がある

コールアウト1つの文言に対し使用できる最大文字数は半角25文字です。(全角だと12文字)ブラウザやデバイスに応じて、最大10個までコールアウトを表示することができます。

記号は使用できない

感嘆符(!)などの記号を使用すると目立ちますが、不必要に目立たせる目的のみで使用する記号は使用できなくなっています。

また、句読点も同じくユーザーの目をひくことを目的としているとみなされ、文頭などに使用する事はできません。

広告文・コールアウト内で同じ文言は使用できない

同じアカウント内で広告文・コールアウトで同じ文言は使用できません。 意味もなく単語や同じ語句を繰り返し使用できないので、気を付けましょう。

商標に関して注意する

商標に関して、商標所有者から申し立てがあると広告が削除される可能性があります。 ですので、広告文はもちろん、コールアウトの文言にも十分注意して作成していきましょう。

まとめ

今回は、コールアウト表示オプションについて解説しました。

コールアウトは非常に短い文言ですが、ユーザーは広告文をくまなく見て情報を探しているため、広告でも重要な要素と言えます。

これを機会に、コールアウト表示オプションの使用の検討や強化をしてみてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ