リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

検索連動型広告は検索結果に表示される広告のこと!種類やメリット、リスティング広告との違いを解説

「検索連動型広告って何?リスティング広告とどう違うの?」
Web広告は似たような意味を持つ言葉が多いので、初心者の方はよくわからないと感じやすいかと思います。

検索連動型広告とは言葉の通り、GoogleやYahoo!などで検索したキーワードに連動して表示される広告を指します。商品やサービスを求めている「見込み客」を集客しやすいため、Web広告の中で最も費用対効果が高い広告と言われています。

売り上げ・利益が上げやすい広告なので、Web広告をこれから始められる方やWebに限らず広告出稿を検討されている方全般におすすめできる種類です。

この記事では検索連動型広告について解説します。

検索連動型広告とは

検索連動型広告とは、GoogleやYahoo!などで検索したキーワードに連動して表示される広告を指します。商品やサービスを求めている「見込み客」を集客しやすいため、Web広告の中で最も費用対効果が高い広告と言われています。

キーワードと広告文は自由に設定可能なため、需要があればどのような商材でも利用可能です。

検索連動型広告はリスティング広告の一種

 

名称 リスティング広告
検索連動型広告 ディスプレイ広告
掲載形式 テキスト テキスト
画像(バナー)
動画
掲載場所 検索画面 GoogleやYahoo!JAPANなど
提携サイトの掲載枠
課金形式 クリック課金制 クリック課金制
インプレッション課金制

「検索連動型広告=リスティング広告」という意味で使われることも多いのですが、正確には違います。

検索連動型広告とは、検索したキーワードと連動して検索結果に表示される広告のみを指します。

一方、「リスティング広告」は、「検索連動型広告」と「検索結果の画面以外にも出稿できるディスプレイ広告」という別の種類の広告2つの総称として使われます。間違えやすいのでぜひ覚えておきましょう。

検索連動型広告の2つの種類

検索連動型広告の代表的な媒体は以下の2つあります。

  • Yahoo!広告
  • Google広告

2つの媒体について説明していきます。

Yahoo!広告 Google広告
ユーザー層の特徴 女性が多い。
BtoCユーザーがメイン。
年齢に偏りがない
BtoBユーザーがメイン。
掲載先 Yahoo!JAPANの検索画面 Googleの検索画面
広告表示オプション クリックリンクオプション
電話番号オプション
テキスト補足オプション
カテゴリ補足オプション
クリックリンクオプション
電話番号オプション
テキスト補足オプション
カテゴリ補足オプション
※その他多数豊富
入稿規定の文字数 タイトル、説明文の規定文字数など規定は同じ
審査スピード 3営業日以内 1営業日以内

Yahoo!広告の特徴

Yahoo!広告の大きな特徴として、2点あります。

女性アプローチしやすい

Yahoo!を利用するユーザーは女性が多い傾向にあるため、女性にアプローチしやすい媒体となっています。またBtoCユーザーの利用が大半なので、BtoC商材の販促をしたい場合はYahoo!広告をおすすめします。データ引用元:Yahoo!派?Google派?検索サイト利用実態レポート

出稿後の審査が3営業日程必要

媒体公式で広告審査完了までに3営業日以内必要と言及しています。状況によっては1営業日で審査してくれることもありますが、3営業日はかかる認識をしておきましょう。

Google広告の特徴

Google広告の大きな特徴は3点あります。

幅広いユーザーにアプローチできる

利用ユーザー層に偏りがないので、幅広いユーザーにアプローチ可能。幅広い商材の販促に利用できます。Yahoo!と異なりBtoBユーザーの利用が多い媒体なので、BtoB商材の販促であればGoogle広告推奨です。

1営業日以内に審査完了することが多い

Yahoo!広告と比較して審査スピードが速く、入稿したその日(1営業日以内)に広告配信できる傾向にあります。より早く広告配信したい場合におすすめです。ただしディスプレイ広告や動画広告など要件によっては1営業日で審査完了しない場合もあるので注意が必要です。

広告表示オプションの種類が豊富

Yahoo!広告より広告表示オプションが豊富なため、広告をクリックする前の見込み客に対して多くの情報を届けられます。

検索連動型広告のメリット

検索連動型広告のメリットとして、以下3点が挙げられます。

  • 顕在顧客を獲得しやすい
  • 短期間で効果が出やすい
  • 配信を制御しやすい

顕在顧客を獲得しやすい

検索連動型広告は、検索するキーワードに連動して表示される広告のため、顕在顧客の獲得に効果的です。なぜなら検索したキーワードに関連する商品やサービスに興味をもっている可能性が高いと考えられるからです。ニーズのある顕在顧客に絞って広告が出せます。

他の広告だと幅広いユーザーにアプローチするものも多いので、ピンポイントに顕在顧客を獲得できるのは大きなメリットです。

短期間で効果が出やすい

検索連動型広告は短期間で効果が出しやすいです。

既に自社のWebサイトを持っている場合、入稿設定がすぐにできれば2日程度で配信すること可能。配信後は検索画面の上方に広告が表示されるため、すぐに顕在顧客の流入が期待できます。

配信を制御しやすい

検索連動型広告は、配信される時期や時間帯を設定できるため、制御しやすい特徴があります。
具体的には見込み客が活動する時間だけに広告配信することができます。

たとえば、検索活動が活発な日中は多く広告を出し、モチベーションの低い深夜は配信を停止するなどなどの対応が可能です。

検索連動型広告のデメリット

検索連動型広告のデメリットとして、以下2点が挙げられます。

  • 潜在顧客の獲得が難しい
  • 獲得できる見込み顧客数が限定される

潜在顧客の獲得が難しい

検索連動型広告のデメリットは潜在顧客の獲得が難しい点です。

検索したキーワードに基づいて表示される広告であることから、検索をしないユーザーにはアプローチができません。そもそもですが潜在顧客を狙う場合は、効率よく認知拡大が行えるディスプレイ広告の利用をおすすめします。

獲得できる見込み顧客数が限定される

検索するユーザーに対してアプローチするため、獲得できる見込み顧客数が限定されます。

実はキーワードごとに「月間検索ボリューム」という「1ヶ月間でそのキーワードが検索される数」がある程度決まっているので、配信できるユーザーの数には限りがあります。

指定のキーワードの月間検索ボリュームを超える数は望めないため、キーワードの軸を増やしたり他のWeb広告を併用したりと工夫する必要があります。

検索連動型広告の課金形式はクリック課金

検索連動型広告の課金形式はクリック課金となっています。広告がクリックされる度に費用がかかりますが、逆にクリックされなければ費用はかかりません。

詳細は割愛しますがクリック単価はかなりざっくり言えば、設定した入札価格や広告に関する細かい情報を元に、競合の広告主とオークションが行われて決まる仕組みになっています。

ポイントとしては、入札価格が高ければ必ず上位に表示されるわけではないことです。
入札価格の他、広告の品質(広告の良し悪し)によっても、掲載位置やクリック単価が決定するため、端的に言えばユーザーが有益となるような「よい広告」を作る必要があります。

まとめ

検索連動型広告とは言葉の通り、GoogleやYahoo!などで検索したキーワードに連動して表示される広告を指します。商品やサービスを求めている「見込み客」を集客しやすいため、Web広告の中で最も費用対効果が高い広告と言われています。

売り上げ・利益が上げやすい広告なので、Web広告をこれから始められる方やWebに限らず広告出稿を検討されている方全般におすすめできる種類です。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ