リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】分析情報が追加

こんにちは。今回は2020年末にGoogle広告に登場した「分析情報」についてご紹介いたします。※2021年1月14日現在、一部のアカウントにβ版として提供されている機能となります。

Google広告の「分析情報」とは

分析情報を一言で説明すると「アカウントの商材に関連する検索のトレンド」を確認することが出来る機能で、新しいキーワードやターゲティングを発掘するのに役立てる事ができます。現在運用中のアカウントで、新しい施策を考えている方は是非ご覧ください。

「分析情報」の管理画面上で確認できること

まず「分析情報」の管理画面上での確認方法ですが、下図キャプチャのように該当するアカウントの画面左上に「分析情報」の項目があるので、そちらをクリックすると現れます。

分析情報から見られる情報は、大きく以下の2つに分けられます。

  • 広告を掲載しているトレンド
  • お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド

上記2点から何が分かるのか、実際の管理画面を用いて説明していきたいと思います。

広告を掲載しているトレンド

「広告を掲載しているトレンド」からは、アカウントのビジネス(商材)の検索トレンドを見ることが出来ます。(画像赤枠参照)こちらのアカウントは画像にもある通り、人材系の商材となります。

 

「広告を掲載しているトレンド」にて具体的に確認出来ることとしては以下のとおりです。

  1. 週単位の検索数の増加
  2. 週単位の変化
  3. 検索インタレスト
  4. 検索クエリのトレンド

1.週単位の検索数の増加

週単位の検索数の増加では、アカウントのビジネス(商材)に関する検索数の増加率を知ることができます。この増加率は、過去7日間をその前の7日間と比較したのものとなります。

2.週単位の変化

週単位の変化では、アカウント自体の「クリック数・費用・表示回数」の増減を知ることができます。プルダウンにてクリック数・費用・表示回数から表示したい項目を選ぶことができます。これは「週単位の検索数の増加」と同様、過去7日間をその前の7日間と比較した際の変動を示しています。

※2021年1月14日現在ではこの期間を変更することは出来ません

3.検索インタレスト

検索インタレストは簡単に言うと、ビジネス(商材)の検索数の日ごとの増減を表したものとなります。

グラフにて、検索インタレストと、アカウントの配信状況(クリック数・費用・表示回数)を比較でき、その2つの差は”捉えそこなったビジネスチャンス”というグラフ内の水色に塗りつぶされたの範囲のように可視化されます。捉えそこなったビジネスチャンスの分だけ、広告の表示回数やクリックを獲得する余地があったことが分かるため、これにより予算や入札の強化などの施策を考える事ができます。

4.検索クエリのトレンド

検索クエリのトレンドは「トレンドの詳細を表示」をクリックすることで地域や検索クエリなどの、より詳しいトレンドを確認することが出来ます。検索クエリのトレンドでは以下の4つを見ることができます。

  1. 急上昇の検索語句
  2. キャンペーンにおけるトレンドの伸び
  3. 地域に関連する興味や関心
  4. 関連するトレンド

お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド

次に、「お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド」では、Googleがアカウントのビジネスに関連すると判断した項目のトレンドが表示されます。こちらで確認出来る項目は、以下の二つとなります。

  • 週単位の検索数の増加
  • 検索インタレスト

こちらの二つに関しては、上記の「広告を掲載しているトレンド」にて記載してあることと同じ内容のため、説明を割愛します。

また、管理画面での見た目は下図のようになります。先ほどと同じアカウントですが、「経営管理」というトレンドが表示されており、人材系とは少しかけ離れている印象です。本機能がβ版であるため、今回のように商材とあまり関係ないトレンドが表示されることがあります。そのため、情報を取捨選択する必要はありますが、自分では想像つかないトレンドが出てきたりするので、新しいキーワードやターゲティングの発掘に役立てられるな、と感じました。

まとめ

分析情報を見ることにより、アカウントの商材に関わる最新のトレンドを把握することが出来るので、直近の状況によってコンバージョン数が変動しやすい商材への活用に向いていそうだなと感じました。本機能はまだ出来て間もなく、一部のアカウントのみにしか実装されていないため、具体的な活用方法や仕様はこれから見ていくことになりますが、使いこなして成果獲得に向けた運用の役に立てたいですね。本記事が皆様のお役に立ちますと幸いです。

参考:Google広告公式ヘルプページ

https://support.google.com/google-ads/answer/10262382 https://support.google.com/google-ads/answer/10256472

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ