【Google広告】アップデート情報!レスポンシブ検索広告の「地域挿入」と「カウントダウン挿入」機能の追加


こんにちは!営業部の小幡です。

突然ですが、みなさんは「レスポンシブ検索広告」を活用していますでしょうか?活用している方に嬉しいアップデート情報です。2020年7月15日にローンチされたレスポンシブ検索広告の新機能を2つご紹介します。現在運用中の方のご参考になれば幸いです。

そもそも「レスポンシブ検索広告」って何!?

レスポンシブ検索広告とは、広告文作成時に複数の「見出し」と「説明文」を入力しておくと自動的に様々の組み合わせで配信できる広告メニューです。機械学習によりユーザーの検索語句と関連性、親和性が高い広告文に調整されるためクリック率の向上につながりやすいです。

まだ試してみていない方は、一度試してみてクリック率などを拡張テキスト広告と比較してみてはいかがでしょうか?弊社案件でもレスポンシブ検索広告の方がクリック率が高い結果につながった事例もいくつかありますのでおすすめです。今回はレスポンシブ検索広告の設定方法や注意点については割愛いたします。詳しい設定方法についてはGoogleヘルプページをご参照下さいませ。

Googleヘルプページ:「レスポンシブ検索広告について」

新機能のご紹介

新機能の「地域挿入機能」と「カウントダウン挿入機能」を下記よりご紹介させて頂きます。既に、実装され設定も可能ですので試してみて下さい。

「地域挿入」機能

地域挿入機能は、ユーザーの所在地や関心のある地域によって広告文の中に「市区町村名」「都道府県名」「国名」を動的に挿入できる機能です。現状のレスポンシブ検索広告では広告カスタマイザを使用ことができず、悔しい思いをしていた方もこれで解決できると思います。

設定方法

レスポンシブ検索広告の作成画面から、下記の手順を行って下さい。

①広告文を入力するときには、半角波かっこ〈 { 〉を入力し、プルダウン メニューから「地域の挿入」 を選択します。

②表示する地域のレベルを「市区郡」「都道府県」「国名」から選択します。

「デフォルトのテキスト」には、テキストを地域で置き換えられない場合に表示する語句を入力します。これは省略可能です。広告見出しには 1 か所、説明文は 2 か所まで地域を選択できます。

③「適応」をクリックで完了です。

注意点として、選択する地域レベルはキャンペーンに設定している地域と同じ粒度である必要がありあます。キャンペーンの地域ターゲティングが都道府県なら地域挿入の地域レベルは「都道府県」を選択します。都道府県と市区町村の両方をターゲティングしているキャンペーンの場合は注意です!地域挿入の地域レベルを「都道府県」にしてしますとターゲティングしている市区町村は挿入されず機能しませんので「市区郡」で設定が必要です。一度、試してみて広告効果を分析してみたいですね!

疑問として地域リストの紐付けとかいらないのかなって思いました…ヘルプページにも記載ないのでいらないってことかな…

「カウントダウン挿入」機能

カウントダウン機能も追加になりました。この機能により広告文に「キャンペーン終了まであと●日」などの設定も可能です。

設定方法は地域挿入時と同じで半角波かっこ〈 { 〉を入力すると、下図から選択できます。「カウントダウン」を選択し、必要事項を入力しましたら適応をクリックして完了です。

設定は簡単ですね!クライアント様の商材、サービスによってうまく活用していきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

今回のアップデートは向いてる商材、サービスのクライアント様にか大きな影響がありそうですね。新しい機能を使いこなし、広告効果を最大化していきたいですね。

引用元

https://support.google.com/google-ads/answer/9773001?hl=ja

https://support.google.com/google-ads/answer/9970276

https://support.google.com/google-ads/answer/9773001

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ