リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】小売カテゴリレポートのご紹介


みなさんこんにちは、塚本です。

近頃、不要不急の外出を自粛することなどからオンラインショッピング市場が活性化した影響か、Googleショッピング広告の配信おまかせいただく機会が増えてきました。情報収集のため、ショッピング広告について調べている中で、先日β版がリリースされたGoogle広告の小売カテゴリレポートが面白いなあと思いましたので、本日はこちらをご紹介したいと思います。

小売カテゴリレポートとは?

小売カテゴリレポートとは、検索キャンペーンとショッピングキャンペーンの掲載結果をGoogleが定めている小売カテゴリレベルで同時に確認することができるレポートです。

普段、検索キャンペーンとショッピングキャンペーンを同時に配信していると、細かい商品単位でどちらのキャンペーンの掲載結果が良いのかを把握するのってなかなか難しいですよね…。でもこの小売カテゴリレポートを使用すれば、1つのレポート内で2つのキャンペーンの掲載結果を同時に確認することができます!

ちなみに、本機能はまだβ版とのことで、本リリースまではもう少し時間がかかるそうです。

【補足】小売カテゴリの仕組み

ユーザーが検索しているキーワード(商品名等)を元に、Googleがその商品を媒体側が定めているカテゴリ別に自動で分類します。これが小売カテゴリです。例えば、ユーザーが「ヘッドフォン」と検索を行った場合、その検索結果は自動的に下記のような小売カテゴリに分類されていきます。

  • 家電
  • オーディオ
  • 音響機器
  • ヘッドフォン・ヘッドセット

実際にレポート発行してみる

それでは、実際に小売カテゴリレポートを発行して中身を確認してみましょう。

発行手順

発行の手順はとっても簡単です。

  1. 管理画面上部の『レポート』をクリック
  2. 『事前定義レポート(詳細分析)』を選択
  3. 『基本』を選択
  4. 『小売カテゴリ(検索キャンペーンとショッピングキャンペーン)』を選択

たったこれだけで完了です!

レポートの中身を見てみる

上記手順でレポートを発行してみましたので、中身をご紹介していきます。

商材:レディースファッション通販

今回は、レディースファッション通販を行っているアカウントの小売カテゴリレポートを発行してみました。※コンバージョン数降順でソート

キャンペーンタイプを見ると圧倒的にショッピングキャンペーンでのコンバージョン獲得が多いことがわかりますね!また、小売カテゴリの項目を見ても、第1レベルの『ファッション・アクセサリー』に部類される商品のコンバージョンは、ほとんどショッピングキャンペーンからのものであることがわかります。「じゃあ、もうショッピングキャンペーンだけの配信にしたら良いね!」と思うかもしれませんが、実は、小売カテゴリを第2レベルまで確認をすると『ファッション・アクセサリー』の中でも、『衣料品』に部類されている商品は検索キャンペーンでも一定数コンバージョンを獲得することができています。また、コンバージョン率はショッピングキャンペーンよりも検索キャンペーンの方が良いことがわかります。

このように、小売カテゴリレポートは各商品の詳細なデータを様々なカテゴリごとに確認することができます。レポート内の「列」の部分から「表示項目」「クリック数」などの指標も自由にカスタムすることが可能です。また、指標の横の「▼」部分から自分が見たい掲載結果のみをフィルタすることも可能で、かなり自由度の高いレポートとなっております。

今回は、レディースファッション通販のデータのため、小売カテゴリの幅が「衣料品」「靴」「小物」などに限定されておりますが、多種に渡る商品を取り扱っている(わかりやすいところでいうとAmazonさんのような)サイトを小売カテゴリレポートで確認することで、各小売カテゴリの良し悪しがかなりわかりやすくなりそうですね!
どの商品がどの小売カテゴリに分類されているかまでは確認できないため、一概に「小売カテゴリレポートの数値がこうだから、この商品はこっちのキャンペーンでの配信!」とまでは言い切れませんが、配信を行っていく中でのおおまかな方針を決める上ではとても参考になりそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
検索キャンペーンとショッピングキャンペーンのデータを同時比較できる小売カテゴリレポート、すごく面白いなあと感じたため、今回ご紹介させていただきました。

正直、今まで小売カテゴリを元に分析をする機会はあまりなかったのですが、実際に中身を見てみると面白い発見が多々あり、分析の幅が1つ広がったなあと感じています。また、それぞれのキャンペーンのデータを自分でまとめずとも、ボタン1つで確認できるため、手動作業よりも時短かつ正確性が高い部分もすごく便利ですよね!

日々たくさんのアカウント運用を行っている運用者のみなさん、こういった時短機能をどんどん活用しつつ分析をたくさん行い、効率的にクライアントの成果を最大化できるようにしていきたいですね。

以上、塚本でした。

【参考:Google広告ヘルプ】
https://support.google.com/google-ads/answer/9424340
https://support.google.com/google-ads/answer/9898915

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ