リスティング広告運用代行ならカルテットコミュニケーションズ|Yahoo!広告・Google広告正規代理店

【初心者向け】Google広告 審査状況の確認方法と優先審査について


こんにちは。運用者の鈴木です。

今回は新人の方でも簡単にわかるGoogle広告の審査状況の確認方法についてご紹介いたします。

広告の配信日時になり開始しようと思いきや、広告が審査中だったり不承認で配信できない。こんな状態にならぬようチェックの仕方を覚えておきましょう。

1.Google広告の審査について

そもそも広告の審査って何を審査してなんでするの?と思う方がいらっしゃると思います。簡単に言うと広告をすべてのユーザーにとって安全かつ適切なものに保つためです。例えば怪しい商品や拳銃の広告が掲載されていたり、アパレルの通販サイトの広告をクリックしたらリンク先は鰹節の通販だったりしたらユーザーは広告に対して不信感をいだきますよね。なのでルールに則って広告を掲載しましょうということです。

広告の審査が行われるタイミング

広告や広告表示オプションを作成または編集すると、自動的に審査プロセスが開始されます。見出し、広告文(説明行)、キーワード、リンク先、使用されている画像や動画など、広告内のあらゆるコンテンツが審査の対象となります。

引用 Google公式ヘルプ 広告の審査について

上記のようにユーザーの目に見える部分、広告体験に関わる部分の変更を行ったら審査が行われるとのことです。

2.審査状況の確認方法

1.ページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックし、広告のリストを表示

2.[ステータス] 列で広告のステータスを確認

これで簡単に確認完了です。

配信開始前のキャンペーンの広告審査を確認したいといった場合はステータス列が「キャンペーン停止中」と表示されます。その場合の確認方法についてもご紹介いたします。

1.下図のように表示項目を選択

2.「属性」の中の「ポリシーと詳細」を選択し適応

 

すると広告の審査状況について確認することができました。

Google 広告 ヘルプ (広告や広告表示オプションの承認状況を確認する)

3.優先審査について

※2020年4月時点ではテキストフォーマット以外の広告については処理に時間がかかっているためサポート対象外となっております。

広告の審査を開始してから1営業日以上経過してもどうしても広告の審査が終わらない場合は優先審査を申請することもできます。下のリンクより優先審査を申請することが可能です。

Google 公式 ヘルプ 広告が審査中

連絡先名、メールアドレス、Google広告アカウントIDや問題の概要を入力して申請を行います。ここで1点注意が必要です。

複数の Google 広告アカウントを管理している場合は、Google 広告のクライアント センター(MCC)アカウントのお客様 ID を入力しないでください。個々のアカウントのお客様 ID を選択してください。

申請をした後に審査が完了するとGoogleサポートの方からご連絡をいただけます。

まとめ

上記の方法を用いて審査が遅いときや短納期で広告配信する際は広告の審査状況を確認し配信開始までの準備をおこなっていきましょう。しかし、どうしても審査が間に合わないこともあります。その場合はクライアント様にしっかり事情を説明した上、広告配信ができるよう対応を進めていくのが大切ですね。以上です。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ