【Google広告】YouTubeチャンネルとGoogle広告をリンクしてみよう


こんにちは。
営業部の水野です。

今回はYouTube視聴者へのリマーケティングを行う上で必要となるYouTubeチャンネルとGoogle広告のリンクの方法について解説していきます。

YouTubeチャンネルとGoogle広告をリンクするとできること

YouTubeチャンネルとGoogle広告アカウントにリンクすると、Google広告上で下記の機能を使うことができるようになります。

  • 再生回数の表示:動画のオーガニックビュー数を表示できるようになります。
  • リマーケティング:視聴者の行動に基づいて、リマーケティングリストが作成できます。
  • エンゲージメントの表示:動画広告について、獲得アクション数のデータが表示できます。

1つのYouTubeチャンネルに複数のGoogle広告アカウントをリンクすることも、逆にGoogle広告アカウントに複数のYouTubeチャンネルをリンクすることもできます。
とはいえ、リンクさせたとしてもYouTubeチャンネルの所有者がGoogle広告アカウントを管理することはできませんし、同様にGoogle広告アカウントの所有者がYouTubeチャンネルの動画を追加、削除、変更することもできません。

あくまでも、YouTubeチャンネルの所有者はYouTubeチャンネルのみ、Google広告アカウントの所有者はGoogle広告のみ管理ができるということです。
両方とも所有している場合は問題なくどちらも管理できます。

リンクの方法としては、YouTube側で行う場合とGoogle広告側で行う場合の2パターン存在します。
状況に応じて使い分けられるといいでしょう。

YouTube側からアカウントをリンクするには

YouTube側でGoogle広告とのリンクを行うには、次の手順に沿って操作します。

①YouTubeチャンネルにログイン

まずは画面右上の「ログイン」ボタンよりYouTubeチャンネルにログインします。
ログインには、Googleアカウントのメールアドレスとパスワードが必要です。

②ページ右上のチャンネルアイコンまたは名前をクリック

ログインが完了すると、ページ右上にアイコンが表示されます。
チャンネルアイコンを設定していない場合は名前が表示されます。

③「YouTube Studio」をクリック

旧クリエイターツールのことですね。
見当たらない場合は、「クリエイターズツール」というボタンをクリックしてください。

④設定→チャンネルの順にクリック

画面左下に歯車マークがあるのでそちらをクリックし、チャンネルタブを選択してください。

⑤詳細設定タブを開きます

詳細設定タブをクリックし、開きます

⑥「アカウントをリンク」をクリック

リンクの名前と、リンクさせたいGoogle広告アカウントのお客様ID(3桁ー3桁ー4桁)を入力します。
リンク名は任意なので、リクエストが送られた時に分かる名前にしておきましょう。
尚、この時点で視聴回数・リマーケティング・エンゲージメントの中からアクセスしたい機能を選択することができます。(デフォルトは全ての機能にアクセスできるようになっています。)

⑦完了→保存の順にクリック

正しく項目が入力された状態で「完了」をクリックすると、詳細設定タブにリンク予定のGoogle広告アカウントが表示されます。
「保存」をクリックすると、指定したGoogle広告アカウントにリンクリクエストが送られます。
Google広告アカウントの所有者がそのリクエストを承認すれば、無事チャンネルがリンクされます。

Google広告側からチャンネルをリンクするには

Google広告側からYouTubeチャンネルをリンクさせるには、下記の手順に沿って操作します。

①管理画面右上のツールアイコンをクリック

スパナのマークがあるので、それがツールアイコンです。(「ツールと設定」と書かれています)
まずはそちらをクリックしてください。

②「設定」タブから、「リンクアカウント」をクリック

設定タブの中に「リンクアカウント」と書かれているボタンがあるので、
そちらをクリックしてください。

③YouTubeを選択します

いくつかリンク可能なコンテンツが表示されますが、その中からYouTubeの「詳細」ボタンをクリックしてください。

④「チャネルを追加」をクリック

「YouTubeをGoogle広告にリンクしますか?」という案内が表示されるので、右下の「チャネルを追加」をクリックしてください。

⑤リンクさせたいYouTubeチャンネルを選択

ダイアログボックスが表示されるので、リンクさせたいチャンネル名を検索するか、チャンネルIDを入力してリンクさせたいYouTubeチャンネルを選択します。
(チャンネルIDはYouTube側で確認できます。)

⑥次のいずれかの操作を行います

  • 自身でチャンネルを所有している場合

「このチャンネルは自分で所有しています」を選択して「YouTubeに移動」をクリック。
YouTube上で承認を行うと、晴れてリンク完了となります。

  • 自身がチャンネルの所有者ではない場合

「このチャンネルは別のユーザーが所有しています」を選択し、チャンネル所有者のメールアドレスを入力します。
「リクエストを送信」をクリックすると、チャンネルの所有者にリンクリクエストが送信されます。
チャンネル所有者がリクエストを承認すると、リンク完了となります。

YouTube視聴者へのリマーケティングでできること

基本的にYouTubeチャンネルとGoogle広告アカウントをリンクさせる目的としては、「YouTube視聴者へのリマーケティングを実施したいから」という理由が多数かと思いますが、最後に改めてYouTube視聴者へのリマーケティングでできることをまとめてみました。

YouTubeチャンネルとGoogle広告のリンクが完了したら、次のアクションを行ったユーザーに対してリマーケティングを実施することができます。

  • チャンネルの動画を視聴
  • 特定の動画を視聴
  • チャンネルの動画を広告として視聴
  • 特定の動画を広告として視聴
  • チャンネル登録
  • チャンネルページへアクセス
  • チャンネルの動画を高く評価
  • チャンネルの動画を再生リストに追加
  • チャンネルの動画を共有

上記アクションを行ったユーザーに対して、リマーケティングリストを作成することができます。
広告動画だけでなく、チャンネル内の動画であればどの動画を視聴してもユーザーリストとして保有できるところがポイントですね。

ちなみに、パンパー広告やスキップ不可のインストリーム広告についてはリマーケティングリストの作成ができませんのでご注意ください。

まとめ

上記手順に沿って行えば、比較的簡単にYouTubeチャンネルとGoogle広告はリンクさせることができます。

特にリンクさせることのデメリットもなく、いざという時のためにリストだけでも貯めておくということもできますし、単純にやれることが増えるのでYouTubeチャンネルとGoogle広告アカウントとのリンクを実施してみてはいかがでしょうか。

 

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ