2020/07/30

【YouTube】企業向け動画作成ツールを無料で提供開始!実際に動画を作成してみた


みなさんこんにちは。営業部の高木です。

YouTubeやInstagramなどのSNSを見ていると動画広告を何度も目にすると思います。この動画どうやって作るんだろう...自分でも作ってみたいけど難しそう...と思う方は多いのではないでしょうか?また昨今の非常事態を受けて、動画の制作費が割きづらくなった企業さまもあるのではないでしょうか?

そんな方向けに2020年4月14日、YouTubeが「YouTube Video Builder」というツールを無料で提供開始しました。

YouTube Video Builderとは?

YouTube Video BuilderとはYouTube用の動画作成ツールです。

対面での動画撮影が困難になりつつある状況ですが、このツールはバナーさえあれば簡単に動画を作成することができます。このツールを使うことで企業さまは遠隔であっても動画広告を作成して告知等をすることもできそうですね!

またクリエイティブ分野での経験や技術的なノウハウがなくても誰でも簡単に作成することができます。

作成方法

作り方は簡単ということなので私も試しに作成してみました。感想は「簡単なのに思った以上に良い感じ」でした!それでは下記にて詳しく作成手順をご説明いたします。

手順1:アクセスの申請

リクエストフォームからYouTube Video Builderへのアクセスの申請を行います。

リクエストフォームは上図のようになっており、申請には下記2つの情報が必要となります。

  1. メールアドレス
  2. Google広告のカスタマーID(任意)

メールアドレスとGoogle広告のカスタマーIDを入力後、利用規約に同意する旨のチェックをつければ申請は完了です。しかし、Google広告のカスタマーIDは必須項目ではないため、メールアドレスだけあれば申請が可能です。

申請が完了すると上図のような画面が表示されます。

5営業日以内に上図のようなアクセスが許可された旨のメールが届くので、メール本文中の「Go to Video Builder」というボタンをクリックしYouTube Video Builderへ移動します。

高木の一言メモ

この5営業日が少し長く感じました...。動画作成をしたいと思ってもすぐには作成できないので注意が必要です。余裕を持って申請するようにしましょう。

手順2:レイアウトの選択

動画のレイアウトは予め設定されています。現在のレイアウトは全部で15種類。レイアウトによって「画像の枚数・動画の長さ・テキストの数」が違うので、プレビューを確認しながらレイアウトを選択します。選択できる動画の長さは6秒、15秒、16秒があります。

高木の一言メモ

レイアウトの色味は後から変更することが出来るので、画像のアニメーションと動画の長さを重視してレイアウトを選択することをオススメします!ちなみに私が選択したレイアウトは赤枠のものです。

手順3:色味とロゴを設定

次に動画全体の色味とロゴを設定する画面に移動します。ロゴのサイズは1000×500が推奨されています。

高木の一言メモ

ロゴの背景は透明のものを使用した方が動画に統一感が出ます。私は最初に白色で設定していたのですが、しっくりこなかったので透明に変更しました!笑

手順4:画像をアップロード

次に画像を設定します。私が選択したレイアウトは6枚の画像が必要でした。画像のサイズは1920×1920の正方形と1920×1080の長方形が推奨されています。

高木の一言メモ

画像サイズをトリミングするのが面倒でしたが、画像を選ぶ工程は楽しかったです!トリミング方法は「画像サイズ修正」と検索すると無料で修正できるツールがたくさん出てきたので、自分が使いやすいものを使って修正するのが良いと思います。

手順5:テキストとフォントを入力

次にテキストとフォントを設定します。使用できるフォントはフォントカタログから選ぶことができます。

高木の一言メモ

使用できるフォントの数はとても多いです。言語によって使用できる・できないが異なるため注意が必要です。私は悩みすぎて結局推奨されたものを選択しました!

手順6:音楽を選択

次に赤枠のプルダウンから音楽を選択します。現在の音楽は40種類。プルダウンの横にある再生ボタンで試聴することができます。

高木の一言メモ

音楽は動画の雰囲気を作る重要なものだと思うので、告知したい商品などにマッチした音楽を選択すると良いですね。こちらも悩みすぎて推奨されてたものを選択しました!

手順7:動画を作成する

これで動画作成の設定が全て完了してので「ビデオを作ろう」という青いボタンをクリックします。そうすると動画作成が開始されます。

高木の一言メモ

作成の待ち時間は3分程度でした。とっても早かったです。どんな感じになるのかワクワクする時間ですね!笑

手順8:動画をYouTubeに公開する

最後に作成した動画を公開します。動画作成が完了したら下記2つを設定し、「ビデオを保存」という青いボタンをクリックします。

  1. YouTubeチャンネル
  2. ビデオタイトル

高木の一言メモ

YouTubeチャンネルがない場合は作成しておかないと動画が保存できないので注意が必要です。
完成した動画はこちらです。YouTubeにアップしたものを画面録画したものです。

画像のアニメーションや、カルテットカラーの緑色とフォーマットのオレンジ色が良い感じにマッチしているところがお気に入りです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?私は画像を選んだりトリミングしたりする作業も含めて15分程度で作成することが出来ました!

最近は動画広告が増えてきていますが、作成技術に自信がなかったり、制作費用がなかなか割けない企業様には嬉しいリリースですね!

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ