リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】ターゲティングの設定方法と成果を出すためのヒント

公開日:
更新日:
Twitter広告 ターゲティング

コンバージョン率や費用対効果など、Twitter広告で高い成果を出すためにはターゲティングが非常に重要です。

本記事では、Twitter広告でターゲティングを設定する方法と成果を出すためのヒントをご紹介します。

ターゲティングの設定方法

Twitter広告でターゲティングを設定する方法は、以下の通りです。

  • 広告キャンペーンの作成
  • 設定するターゲティング種類を選択

それでは、一つずつ説明していきましょう。

広告キャンペーンの作成

まず初めに広告キャンペーンを作成ましょう。ここでは広告キャンペーンを行う目的や名称を、設定することができます。

目的や名称を設定した後に、予算や広告キャンペーンの期間などを手順に従って設定します。

設定するターゲティング種類を選択

広告キャンペーンの設定が終了したら、ターゲティングを行います。この際に設定できるターゲティングは以下の4つです。

  1. オーディエンスの特性
  2. 端末
  3. ターゲティング機能
  4. カスタムオーディエンス

それぞれ広告を届けたいターゲット層にしっかりと配信されるよう、ターゲティングは細かく設定しましょう。

それにより効率よく成果を得ることが可能になります。

Twitter広告で成果を出すためには

ここからは、効果を出すためのヒントをご紹介します。Twitter広告の出稿を検討されている方はぜひご確認ください。

  • 複数のターゲティングを行う
  • ユーザーの興味関心を意識する
  • 定期的に見直す

具体的にご説明します。

複数のターゲティングを行う

ターゲティングを行う際は、一つに絞らず複数のターゲティングを行うようにしましょう。特に出稿初期はさまざまな角度からターゲティングを行うことで、思いもよらない効果を得ることがあります。

予算を念頭に置きながら、可能な範囲で複数のターゲティングを行いましょう。

ユーザーの興味関心を意識する

クリエイティブ作成の際は、ユーザー目線を意識しましょう。ツイートは140文字まで投稿できますが、ユーザーからは文字数のあまり多くない短くシンプルなものが好まれる傾向です。

ユーザーの興味関心を醸成するよう、端的で魅力的なクリエイティブを作成しましょう。

定期的に見直す

Twitter広告は、出稿後も定期的に見直しを行いましょう。もちろん広告で得られた効果を分析し、次に向けて改善を行うことも大切です。

まとめ

【Twitter広告】ターゲティングの設定方法と成果を出すためのヒント今回は、Twitter広告のターゲティングの設定方法と成果を出すためのヒントについて紹介しました。 ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事