リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】地域ターゲティングの活用で効果的にアプローチ!

公開日:
更新日:
Twitter広告 地域ターゲティング

Twitter広告では、商品やサービスに興味を持ってくれそうなユーザーに対し、関連性の高い広告を表示することが可能です。

特に、オーディエンスの特性に基づいたターゲティングを活用すると、適切なユーザーにベストなタイミングでアプローチできます。

今回は、オーディエンスの特性に基づいたターゲティングの中でも効果が高い、「地域ターゲティング」についてご紹介します。

Twitterの地域ターゲティングとは

Twitterの地域ターゲティングは、ユーザーの最近の位置情報に基づいたものです。

地域ターゲティングでは、特定の地域に住むユーザーに焦点を絞ったアプローチが可能です。

絞り込みの条件を示す「AND」条件のターゲティングタイプの一つで、国、地域、主要都市圏、市区町村、郵便番号などの位置情報によってターゲティングすることができます。

Twitterは、IPアドレスやGPSなど複数の情報を使用してユーザーの位置情報を判断しており、これらの情報はユーザーの場所を予測する高度な機械学習モデルに提供されています。

広告キャンペーンでの地域ターゲティングの設定方法

広告キャンペーンを設定する際に地域ターゲティングを指定する場合は、次の手順で行います。

  1. 広告キャンペーン設定の 「ターゲティング」セクションに移動する
  2. 「オーディエンスの特性」セクションまでスクロールする
  3. 「場所」セクションで、ターゲティングする場所を入力する

「場所」セクションでは、国・地域・大都市圏・都市、地域・郵便番号でターゲットが絞れます。

また、複数の地域を選択して、各地域が地理的に同じ範囲だった場合、選択したすべての地域のユーザーに対して広告が表示されます。

例えば、広告キャンペーンのターゲットを日本と愛知県にした場合、広告は日本のすべてのユーザーに表示されるため、注意が必要です。

個々の地域だけをターゲットにしたい場合は、広告キャンペーンのターゲティング条件に地域だけを追加しましょう。

ただし、セルフサービス方式を利用している場合は、位置情報の索引に掲載されているすべての国ではなく、Twitter広告を利用できる国のユーザーのみ、ターゲティングが可能です。

ちなみに、日本はターゲティングを利用できる国に入っています。

参考:アカウントのTwitter広告への参加資格-Twitterビジネス

現時点では、都市、郵便番号、地域など細分化されたターゲティングオプションが利用できない国もあります。

ターゲットとして想定している地域が利用できない場合は、その地域に最も近い地域をターゲットとして追加するとよいでしょう。

また最近では、半径指定で地域ターゲティングができるようになったこともあり、どんどんTwitter広告は進化を続けています。

まとめ

Twitter広告 地域ターゲティング

今回は、Twitter広告のオーディエンスの特性に基づいたターゲティングのうち、地域ターゲティングについてご紹介しました。

地域ターゲティングは、効果的なアプローチに欠かせない機能の一つです。

ただし、設定の際にいくつかの注意点があるため、確認しておくことをおすすめします。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事