リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】広告配信に3つの新機能を提供開始

公開日:
更新日:
Twitter広告 3つの新機能

2022年11月24日より、Twitterは広告配信に以下3つの機能を導入しました。

  • Webサイトコンバージョン最適化
  • ダイナミックプロダクト広告
  • コレクション広告

本記事では、新しい3つの機能の特徴とメリットについてご紹介いたします。

Webサイトコンバージョン最適化

Webサイトコンバージョン最適化(Website Conversions Optimization:WCO)は、ランディングページ以外のロワーファネル(カートに追加、購入、会員登録など)へのリーチを改善することができます。

特定の目標を識別して関連性の高いターゲティングをおこなう配信アルゴリズムは、コンバージョンをする可能性が最も高いユーザーへ効果的に配信が可能です。

初期テストではコンバージョン単価を平均で25%抑制できたとの報告もあり、今後更なる広告パフォーマンスが期待できます。

ダイナミックプロダクト広告

ダイナミックプロダクト広告(Dynamic Product Ads : DPA)を利用することによって、広告主はユーザーに対して最も関連性が高い商品を適切なタイミングで販売することが可能となります。

下記、ダイナミックプロダクト広告の機能詳細です。

DPA リターゲティング

Webサイトに関心を示した(カートに追加、閲覧した商品など)ユーザーをターゲティングして広告配信します。

DPA プロスペクティング

Webサイトにアクセスしたことのない新規顧客に最も関連性が高い商品を取り上げて広告配信します。

Twitter Marketing Partners

商品カタログにフィード管理プラットフォームを使用している広告主は、商品戦略を簡単に拡張することができます。

コレクション広告

コレクション広告は、主要画像の下に小さなサムネイル画像を挿入できる広告フォーマットです。

メイン広告画像とサムネイル画像の融合によって、広告が消費者の目にとまりやすくなり、コンバージョンアップが期待できます。

また、サムネイル画像は横にスクロールすることができ、タップすることでユーザーをランディングページへ誘導することが可能です。

まとめ

Twitter広告 3つの新機能Twitterに新しく導入された3つの広告配信機能の特徴とメリットについて解説をしました。

SNSのユーザー数が多いTwitterはこれから更なる広告収益が期待できるので、紹介した新機能を今後の広告運用のお役に立てて頂ければ幸いです。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事