リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

どの配信方法が効果的?Twitter広告の種類と入稿規定を解説

公開日:
更新日:
Twitter広告 種類と規定

国内のSNSユーザーが4,500万人以上を誇るTwitter。

その利用者は日本だけにとどまらず、世界中の多くの方に使われているため、Twitter広告の配信は大きな成果を得られることが期待できるでしょう。

効果性の高い広告配信をするためにも、Twitterの広告種類と規定の把握は非常に重要となってきます。

本記事で解説するTwitter広告の特徴と入稿規定が広告主様のお役に立てば幸いです。

Twitter広告の種類

2022年現在、Twitterには5種類の広告が利用可能となっています。

  • プロモ広告
  • Twitterテイクオーバー
  • フォロワー獲得広告
  • Twitterライブ
  • Twitter Amplify

各広告の特徴を確認していきましょう。

プロモ広告

プロモ広告は、テキスト広告や画像・動画広告があり、通常のツイートのように表示されるのが特徴です。

他のツイートと区別しづらいので、自然な訴求ができます。

Twitterテイクオーバー

Twitterテイクオーバーは、「タイムライン」や「話題を検索」というトレンドタブに配信できる広告です。

ユーザーに発見されやすい場所に配信されるため、認知拡大として非常に効果があります。

フォロワー獲得広告

フォロワー獲得広告は、自社のアカウントのフォロワーを増やすための広告です。

広告に「フォロー」のボタンが自動で表示され、タイムライン、検索結果、おすすめユーザー欄などに表示されます。

Twitterライブ

Twitterライブは、Twitter上のライブ配信を通してユーザーとコミュニケーションが取れる広告です。

ユーザーとのリアルタイムのコミュニケーションは、大きな成果が期待できます。

Twitter Amplify

Twitter Amplifyは、Twitterと連携済みの動画コンテンツのパートナー動画で、動画の再生前後に広告を配信できるサービスです。

Twitter AmplifyはCMのように自然と告知ができるので、認知性の高さがメリットとなります。

Twitter広告の入稿規定

各広告の特徴を理解したところで、次はTwitter広告の入稿規定について解説していきます。

  • テキスト広告
  • 画像広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • フォロワー獲得広告
  • Amplifyプレロール
  • Amplifyスポンサーシップ
  • Twitterライブ
  • トレンドテイクオーバー
  • トレンドテイクオーバープラス
  • タイムラインテイクオーバー

テキスト広告

テキスト広告は、文字を使った広告です。

入稿規定は全角140文字、半角280文字以内となっています。

注意事項としては、23文字(日本語の全角の場合12文字)はリンクとして使用されます。

画像広告

画像広告は、テキストと一緒に画像を使って出稿できる広告です。

画像広告全体の規定は、以下となっています。

  • ファイル形式:JPEGまたはPNGの利用を推奨
  • ファイルサイズ:最大5MB

また、画像広告の種類によって下記のような規定が定められています。

画像広告名 アスペクト比 おすすめ画像サイズ
アプリボタン付き 1.91:1 or 1:1 800×418ピクセル(アスペクト比 1.91:1)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)
カンバセーション付き 1.91:1 800×418ピクセル
投票付き 1.91:1 or 1:1 800×418ピクセル(アスペクト比 1.91:1)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)
ウェブボタンサイト付き 1.91:1 or 1:1 800×418ピクセル(アスペクト比 1.91:1)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)
独立した画像 1.91:1 or 1:1 1200×1200ピクセル(アスペクト比 1:1)
1200×628ピクセル(アスペクト比 1.91:1)

動画広告

動画広告は視覚だけでなく、聴覚からも訴求できるインパクトが強い広告です。

動画広告の規定は、下記となっています。

  • ファイル形式:MP4またはMVO
  • ファイルサイズ:最大1GB
  • 動画の長さ:5秒以内推奨(最大2分20秒)
  • 動画ビットレート:6,000~10,000K(1080pの動画) /5,000~8,000K(720pのビデオ)
  • フレームレート:29.97FPSか30FPS

動画広告の細かい種類と規定は、以下をご参照ください。

動画広告名 アスペクト比 おすすめ画像サイズ
アプリボタン付き 16:9 or 1:1 850×450ピクセル(アスペクト比 16:9)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)
カンバセーション付き 16:9 850×450ピクセル
投票付き 16:9 or 1:1 850×450ピクセル(アスペクト比 16:9)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)
ウェブボタンサイト付き 16:9 or 1:1 850×450ピクセル(アスペクト比 16:9)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)
独立した動画 16:9 or 1:1 1920×1080ピクセル(アスペクト比 16:9)
1200×1200ピクセル(アスペクト比 1:1)

カルーセル広告

カルーセル広告は、画像や動画などの複数のビジュアルを利用する広告です。

規定については、下記のとおりです。

広告名 アスペクト比 おすすめ画像サイズ
画像カルーセル 1.91:1 or 1:1 800×418ピクセル(アスペクト比 1.91:1)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)
動画カルーセル 16:9 or 1:1 850×450ピクセル(アスペクト比 16:9)
800×800ピクセル(アスペクト比 1:1)

フォロワー獲得広告

フォロワー獲得広告の規定は、テキスト広告同様の条件で全角140文字、半角280文字以内と定められています。

Amplifyプレロール

Twitter Amplifyの1つ、Amplifyプレロールは動画が始まる前に広告を配信するサービスです。

規定は以下となっています。

  • ファイルサイズ:最大1GB
  • 動画の長さ:15秒推奨(最大2分20秒)
  • ファイル形式:MP4またはMOV
  • 動画アスペクト比:1:1を推奨
  • 推奨動画サイズ:1,200×1,200

Amplifyスポンサーシップ

Twitter Amplifyの1種であるAmplifyスポンサーシップは、広告主がTwitter社と提携を結んでいる企業と1対1でタイアップして広告配信ができるサービスです。

大きなメリットとしては、特定のコンテンツパートナーが良質なデータや知見を応用してくれること、コンテンツ費用が無料となることです。

入稿規定は、下記をご参照ください。

  • ファイルサイズ:最大1GB
  • 動画の長さ:6秒推奨(最大2分20秒)
  • ファイル形式:MP4またはMOV
  • 動画アスペクト比:16:9または1:1
  • 推奨動画サイズ:1,200×1,200

Twitterライブ

Twitterライブの規定は以下を参考にしてください。

RTMP 動画コーデック:H.264/AVC
動画ビットレート:9Mbps(推奨)最大12Mbps
オーディオコーデック:AA-LC
オーディオビットレート:最大128bps
解像度 最大1920×1080(推奨:1280×720)
フレームレート 最大60fps(推奨:30fps)
キーフレーム感覚 Wirecast:24 fps = キーフレーム感覚/72フレーム
Wirecast:30 fps = キーフレーム感覚/90フレーム
Wirecast:50 fps = キーフレーム感覚/150フレーム
Wirecast:60 fps = キーフレーム感覚/180フレーム

トレンドテイクオーバー

Twitterテイクオーバーのひとつに分類されるトレンドテイクオーバーは、Twitter上のタブ、「話題を検索」に1日の間独占配信可能です。

入稿規定は以下となっています。

  • トレンドハッシュタグ:最大20文字
  • トレンドの説明:最大70文字
  • コンパニオンプロモ広告:画像・動画・GIF画像など、3~6件のプロモ広告を作成してトレンド補完する

トレンドテイクオーバープラス

トレンドテイクオーバープラスはTwitterテイクオーバーの一種で、トレンドテイクオーバーよりもクリエイティブ性が高い訴求ができるのが特徴です。

画面の上部、約3分の1を占めて広告配信できるので、効果的なアプローチが可能となります。

規定は以下となっています。

  • ファイルタイプ:6秒再生されるGIF画像やMP4、もしくは静止画
  • アスペクト比:16:9(GIF画像および静止画)
  • ファイルサイズ:静止画は5MB、GIF画像は15MB
  • トレンドハッシュタグ:最大16文字
  • トレンドの説明:最大30文字

タイムラインテイクオーバー

タイムラインテイクオーバーも Twitterテイクオーバーの一種となります。

タイムライン上で、ユーザーが最初にTwitterを開いた時に広告が表示されるので、目に留まりやすいことが最大のメリットです。

対応しているフォーマットは、下記となっています。

  • 画像広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • Twitterライブ
  • カンバセーションボタン
  • 投票付きのプロモ広告
  • ブランド絵文字
  • ブランド通知

まとめ

Twitter広告は、広告主が販売する商品やサービスの内容によって戦略が様々です。

広告の成果をより高いものにするためにも、本記事で紹介した特徴と規定をしっかりと意識して、実りある配信をしましょう。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事