リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】キャンペーン ダッシュボードを効果的に活用しよう!

Twitter キャンペーン ダッシュボード

Twitter広告を効果的に運用する方法の一つとしてキャンペーン分析がありますが、中でも「キャンペーン ダッシュボード」の活用がおすすめです。

キャンペーン ダッシュボードでは、有料広告のパフォーマンスについて、データに基づいた洞察を得ることができます。

今回は、Twitter広告を運用する際に活用したいキャンペーン ダッシュボードについて紹介します。

キャンペーン ダッシュボードの特徴

ビジネスを成長させるには、目標を設定し、パフォーマンスをタイムリーかつ正確に追跡することが重要です。

キャンペーン ダッシュボードには、Twitter広告キャンペーンを最適化するために必要なデータが含まれています。

キャンペーン ダッシュボードでは、下記の4つを追跡します。

  • インプレッション
  • 結果
  • エンゲージメント率
  • CPR

それぞれ説明していきます。

インプレッション

Twitterで広告が表示された回数です。

ユーザーに何回見られたかがわかるようになっています。

結果

キャンペーンの目標に直接関連するアクションです。

例えば、目標がウェブサイトのトラフィックである場合、「リンクのクリック」が追跡される結果になります。

エンゲージメント率

インプレッション数を結果数で割ったものです。

CPR

CPRとは、結果あたりのコストのことです。

広告を見たユーザーが、関連するアクションを起こすたびに、平均でいくら支払っているかを表します。

これらのデータは、すべてのキャンペーンで確認することも、セグメント別に確認することも可能です。

また、下記のような目的別での確認もできます。

  • 個々のキャンペーン
  • 個々のツイート
  • ターゲティング基準

それぞれ解説します。

個々のキャンペーン

「ウェブサイトトラフィック キャンペーン」や「フォロワー キャンペーン」といった特定のキャンペーンが、目標に対してどのような成果を上げているかを見ることができます。

個々のツイート

広告文とクリエイティブの組み合わせで、キャンペーンに最も貢献しているものを確認できます。

ターゲティング基準

広告に最も反応しているターゲットオーディエンスを確認できます。

また、さらにキャンペーンダッシュボードを活用するには、コンバージョントラッキングを設定し、Twitterで費やしたすべての費用が結果にどのように貢献しているかを把握しておくといいでしょう。

まとめ

Twitter キャンペーン ダッシュボード

今回は、Twitter広告を運用する際に活用したいキャンペーン ダッシュボードについて紹介しました。

今後の広告運用にぜひお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事