リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Facebook広告でクリック率を上げるために欠かせない9つのポイント

公開日:
更新日:
Facebook広告 クリック率上げるコツ

Facebook広告は、Web広告の中でも高いターゲティング精度と豊富な掲載面を持っています。

アメリカのマーケティング会社Word Streamが発表したデータによると、一般的なFacebook広告の平均クリック率は全業界で0.89%です。

Web広告として有名なGoogleのディスプレイ広告のクリック率が0.35%なので、Facebook広告のクリック率は比較的高いことがわかります。

クリック率が高いFacebook広告をさらに有効活用して頂くために、本記事ではFacebook広告のクリック率を上げるための秘訣を解説していきます。

現在、広告運用でお悩みの方は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

Facebook広告でクリック率を上げるために重要なポイント

Facebook広告でクリック率を上げるには、下記9つのポイントが重要となってきます。

  • 配信目的を明確にする
  • 広告文を見やすく工夫する
  • アピールポイントを明確にする
  • 動画を利用する
  • カルーセル広告で情報量を多くする
  • 具体的な内容を明記する
  • 数字で信頼度を上げる
  • ランディングページと広告文を統一する
  • A/Bテストを実施する

各詳細について解説をしていまいります。

配信目的を明確にする

Facebook広告を利用するときは、配信目的を明確にすることが大切です。

配信ターゲットを誰にして、どんなことを達成したいのかがわからないと、適切な広告手法や訴求内容がイメージできません。

まずは、達成すべきゴールを明らかにしてから広告を作成するとよいでしょう。

広告文を見やすく工夫する

広告配信で大事なのは、広告の第一印象です。

クリック率が高いFacebook広告といえども、ぱっと見の印象を工夫する必要があります。

Facebookの広告ライブラリで他社の作成したコンテンツの閲覧が可能なので、それを参考にするとインパクトあるクリエイティブな広告を作成することができるでしょう。

アピールポイントを明確にする

想定するターゲットが決まったら、広告配信でどのようにアピールするかを考えましょう。

広告アピールには、以下のような手法があります。

  • ネガティブ
  • ポジティブ
  • 限定訴求
  • 希少
  • メリット

ターゲットの行動を促すためにはどの手法を使えばいいのかを明らかにして、クリック率の大幅な向上を目指しましょう。

動画を利用する

情報量の多い広告には、視覚だけでなく聴覚からもイメージの伝達ができる、広告動画を利用するのが非常に有効です。

ただし、動画広告を有効活用するには、開始数秒でユーザーの気を惹かせたり、飽きさせない工夫が必要となるでしょう。

カルーセル広告で情報量を多くする

カルーセル広告は、1つの広告に対して複数の画像や動画を横並びにして順番に閲覧できる方法です。

カルーセル広告は様々なコンテンツを組み合わせて配信できるので、類似商品などをアピールする際にも役立ちます。

具体的な内容を明記する

商品やサービスをアピールする際は、できるだけ具体的な内容を明記する必要があります。

特に、情報量が多くなる動画広告やカルーセル広告などは注意が必要です。

ユーザーにどんなメリットがあって、どんなことを解決できるのかをしっかりとアピールできれば、クリック率も大幅に上がるでしょう。

数字で信頼度を上げる

広告をアピールする際は、抽象的な内容よりも数字を使って表現したほうが信頼度が高くなります。

特に、ビジネス関連や男性をターゲットにする広告では、明確な数字を導入することで興味が惹かれやすくなるでしょう。

ランディングページと広告文を統一する

Facebook広告を掲載する際は、ランディングページと広告文のデザインをできるだけ合わせることをおすすめします。

文章表現やフォントなどで大きな違いがあると、ページに誘導されたユーザーは情報に混乱をきたして、離脱してしまう可能性があります。

そのようなことが起こらないように、ランディングページと広告文の雰囲気はしっかりと統一しておきましょう。

A/Bテストを実施する

広告を配信した後は、定期的にA/Bテストを実施することが大切となってきます。

広告配信を同時並行することで、より成果の高い広告パターンを見つけることができるようになるでしょう。

まとめ

Facebook広告 クリック率上げるコツFacebook広告のクリック率を上げるために必要なポイントをいくつか解説させて頂きました。

Facebook広告は高いクリック率から様々なデータが収集できるので、本記事で紹介させて頂いた9つの対応策を上手に利用して、広告運用の改善にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事