リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Facebook広告】「情報ラベル」機能を新たに導入

Facebook広告では、2022年6月20日より「情報ラベル」機能を導入しています。

関心のない広告や不透明な情報の広告が表示されても、ユーザーはクリックをためらうものです。
「情報ラベル」を活用してユーザーの状況に関連した情報を提示させることで、クリック率の増加につながります。

本記事では、Facebook広告で新たに導入された「情報ラベル」機能についてご紹介します。

情報ラベルの特徴

情報ラベルとは、ユーザーごとに、ブランドや製品、サービスに関する情報を自動で強調する機能です。

広告マネージャーで連携されたFacebookページやInstagramのプロフィールからは様々な情報が収集されますが、この機能はユーザーにとって重要な情報だと判断された時、自動的に表示の有無が決まるしくみです。

現段階では、キャンペーンの「広告の目的」が「トラフィック」または「コンバージョン」のみが対象となっています。

情報ラベルで設定可能な情報

情報ラベルでは、以下の情報要素が任意で設定できます。

ビジネス業態にマッチした情報を選択すると良いでしょう。

ビジネス情報

  • Instagramに参加した日
  • 店舗の営業時間
  • 店舗の価格帯
  • 店舗所在地

ソーシャルキュー

  • Instagramフォロワー
  • ページのチェックイン
  • ページのフォロー
  • ページへの「いいね!」
  • ページのMessenger返信時間
  • ページの評価
  • ページの最近のチェックイン

カスタム情報ラベル機能も利用可能

小売りやeコマースを展開している場合、「カスタム情報ラベル」機能の利用も可能です。

この機能では、各条件とセットにして「送料無料」や「支払い方法」、「返品ポリシー」が設定できます。

たとえば、「3,000円以上の注文で配送料無料」「支払いはPayPalとGoogle Pay」というように、情報に合わせたカスタマイズができて便利です。

情報ラベル・カスタム情報ラベルを設定する方法

情報ラベルは、「広告管理画面」から簡単に設定することができます。

  1. 広告マネージャーで、[広告]内の[情報ラベルを編集]をクリック
  2. 左の項目より[プロフィールから]をクリック
  3. [ビジネス情報]の中の表示したい情報にチェックを入れる
  4. [完了]をクリック

また、カスタム情報ラベルも「広告管理画面」から設定可能です。

  1. 広告マネージャーで、[広告]内の[情報ラベルを編集]をクリック
  2. 左の項目より[カスタム情報ラベル]をクリック
  3. [情報タイプラベル]から任意のタイプをチェック
  4. [完了]をクリック

まとめ

今回は、Facebookの情報ラベル機能についてご紹介しました。

ユーザーに関連した広告情報が表示されることで、よりスムーズなページへのアクセスが期待できます。

自社の情報がユーザーにとってどのようにプラスに影響するのかを考慮し、情報ラベルを活用すると良いでしょう。

ぜひ今後の運用にお役立てください。

 

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ