リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE広告】クロスターゲティング|特徴と活用例について

LINEでは、クロスプラットフォーム構想(※)の取り組みの一つとして、LINE広告のターゲティング精度を高める「クロスターゲティング」機能が提供されています。

※クロスプラットフォーム構想・・・

LINEの各サービスから得られたデータを横断的に活用する取り組みのこと

本記事では、クロスターゲティングの特徴と活用例について解説していきます。

クロスターゲティングの特徴

クロスターゲティングとは、LINE公式アカウントなどLINEの各サービスから取得したデータを、LINE広告での配信に活用できる機能のことです。

サービス間でのデータ連携により、ターゲットに対してより最適なアプローチができるようになります。

クロスターゲティングの活用例について

クロスターゲティングを活用例として、挙げられるのは主に以下の3点です。

  • より購入確率が高いユーザーへの広告配信
  • 新規ユーザーへの認知拡大
  • LINE公式アカウントの友だち獲得

それぞれについて以下で解説します。

より購入確率が高いユーザーへ広告配信する

クロスターゲティングでは、LINE公式アカウントでメッセージの開封やクリックのアクションをした、より購入確率高いユーザーを対象にしたリターゲティング広告を配信することが可能です。

既存顧客全員にリターゲティング広告を配信するよりも、配信先を見込みあるユーザーに絞ることで費用対効果を高めることができます。

新規ユーザーへの認知拡大

クロスターゲティングを活用すれば、新規ユーザーへの認知拡大も可能です。

たとえば、

  • 既にLINEの公式アカウントのメッセージを開封したユーザーを除外設定する
  • 既存顧客への配信を減らす

などにより、新規ユーザーに対して高精度でアプローチできます。

LINE公式アカウントの友だち獲得

クロスターゲティングをLINE公式アカウントの友だち獲得に活用することも可能です。

LINE公式アカウントで、メッセージ開封やリンク先へ遷移したユーザーのデータを類似拡張すれば、LINE広告を通じてLINE公式アカウントの友だち獲得を促す「友だち追加」を配信できます。

まとめ

今回は、クロスターゲティングについてご紹介しました。

LINE公式アカウントを利用しているもののLINE広告はまだ利用したことない場合は、今回ご紹介したクロスターゲティングのデータ連携によって、多彩なアプローチ方法が展開できます。この機会にぜひご活用ください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ