リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【TikTok広告】マイクロコンバージョンとは?特徴とメリットを解説

TikTok広告の運用では、広告配信の初期段階でコンバージョン数を獲得することが重要になってきます。 しかし、キャンペーンを開始したもののコンバージョンが増えないなど、なかなかコンバージョンを獲得できないケースが多くあります。

そこでおすすめしたいのが「マイクロコンバージョン」の設置です。

マイクロコンバージョンは、最終的な成果に至るまでの中間ゴールのことです。 本記事では、TikTok広告のマイクロコンバージョンについて特徴とメリットを解説していきまます。

マイクロコンバージョンとは

マイクロコンバージョンとは、コンバージョンに至るまでの流れを細分化したもので、中間コンバージョンともいいます。

TikTok広告では、購入完了や登録完了などの通常のコンバージョンイベントより前のカートページやフォーム入力画面など、中間に成果地点を設置することができます。

TikTok広告以外でもマイクロコンバージョンの設定はできます。
ただとりわけTikTok広告では初期段階で一定のコンバージョンを獲得するのが重要ですので、思うようにコンバージョンが取れない場合は設定をおすすめします。

マイクロコンバージョンの設定方法

マイクロコンバージョンは、以下の4つの手順から設定できます。

  1. マイクロコンバージョンを設定したい、自社の商品詳細ページやフォーム入力画面を追加
  2. イベントタイプを作成
  3. イベントの詳細ルールの設定
  4. 広告セットに作成したイベントを連携して完了

マイクロコンバージョンのメリット

TikTok広告のマイクロコンバージョンのメリットは大きく2つあります。

  • 広告セットの最適化が可能
  • 最終コンバージョンの増加が期待できる

それぞれ以下で詳しく解説します。

広告セットの最適化が可能

マイクロコンバージョンを活用するメリットは、広告セットの最適化ができるということです。 TikTok広告で学習機能を有効にするには、一つの広告セットで週に50件のコンバージョンが必要になります。

しかし、広告予算が限られていたり、コンバージョン単価が高額な場合、学習期間を通過するために必要な50件のコンバージョンを獲得することは簡単ではありません。

中間地点にマイクロコンバージョンを設定することで、学習期間通過に必要なコンバージョン数を得やすくなります。結果的には広告セットの最適化につながるのです。

最終コンバージョンの増加が期待できる

マイクロコンバージョンを設置することで中間地点への流入が増加します。 そのため、最適化が働きやすくなり最終コンバージョンの増加が期待できます。

まとめ

今回は、TikTok広告のマイクロコンバージョンについてご紹介しました。

マイクロコンバージョンを設置することで、結果的にコンバージョン獲得につながりやすくなることもあるため、この機会にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ