リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Facebook広告】広告プレビューを活用すべき理由


突然ですが、みなさんは広告プレビューをしっかり使えていますか?
本記事では、Facebook広告を例に広告プレビューを使って確認することのメリットや確認手順、そしてなぜ活用すべきなのかをご紹介します。初歩的な部分ではありますがそれ故に非常に重要なことであると考えているため記事にさせていただきました。

広告プレビューとは

その名の通り、広告のプレビュー画面を見ることができ、広告が意図する形で適切に表示されるかどうかを確認できます。実際に検索をかけてしまうと、インプレッションやクリック数が増えてしまいますが、広告プレビューを使用することで無駄なインプレッションを発生させることなくチェックすることができます。

広告プレビューの確認方法

それでは、Facebook広告を例に広告プレビューの確認方法をご紹介いたします。手順はおおまかに2つあります。

広告から作成する場合

1.広告マネージャを開きます

2.[広告]を選択します。

3.[+作成]を選択します。

4.既存のキャンペーンと広告セットがある場合は選択し、新規の場合は新しく作成

5.新しい広告を作成を選択し、広告名を入力して保存

6.[広告プレビュー]で、広告プレビューの横のアイコンを選択するか、矢印キーをクリックして、配置ごとに広告を確認します。

広告作成時はいつでも広告プレビューを使用できるので、必ず確認するようにしましょう!

広告作成済みの場合

1.広告マネージャを開きます。

2.[広告]を選択します。

3.プレビューする広告の横にある☑ボックスをクリックして☑を入れます。

4.メインテーブルの上にあるアクションバーで、[プレビュー]を選択し、プレビューウィンドウでドロップダウンまたは矢印キーを使用して、各配置の広告の見え方を確認します。

なぜ、広告プレビューを活用すべきなのか

広告プレビューを確認すべき理由は2つあると考えています。

ミスを防ぐため

入稿時にどれだけ確認をしても広告マネージャ上だけではミスに気づきにくいです。しかし、実際に広告が表示される画面を見ればひと目でミスに気づくことができます。広告を出稿するということは、少しのミスでも大きなトラブルに繋がりかねません。ミスを防ぐためには広告プレビューでしっかりと確認をしましょう。

意図しない広告配信を防ぐ

ミスが無いか確認することもそうですが、意図しない広告で配信されていないか確認することも重要です。広告を作成してみると「最初のイメージとなんか違う」なんてことありませんか?広告出稿後に確認していては予算が無駄になってしまうため、広告プレビューで事前に確認し意図する形で広告を配信しましょう。

特に注意して確認すべき3つのポイント

広告プレビューで確認できる広告表示は、実際に表示される広告と異なる場合があります。Facebook広告でそれらを防ぐための対策を3つご紹介します。

1.デバイスごとで広告プレビューを確認

パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスに広告を配信するケースが多いと思います。デバイスの利用環境に応じて、広告プレビューを使用して実際にどのように広告が表示されるかを確認してみましょう。パソコンだけで確認していては、スマートフォンやタブレットなど他端末では上手く表示されているか分かりません。必ずデバイスごとでプレビューを確認するようにしましょう。

2.画像や動画は、最も重要な部分が画面の中心に来るように設定

広告の中で訴求したいポイントを画面ギリギリに寄せて配信してしまい見切れてしまってはせっかくの良い広告がダメになってしまい、意図しない広告配信となってしまう可能性があります。そうならないためにも、最も重要な部分が画面の中心に来るように設定し、どのフォーマットでも効果的に広告配信ができるように注意しましょう。

3.動画広告ではキャプションや字幕を追加

動画広告には音声を追加することができます。特にスマートフォンの場合はサイレントのまま再生するユーザーも多いためそのようなユーザーにも確実に広告をアピールするために、動画広告にはキャプション(見出し)や字幕を追加しましょう。音声で”聴覚”に、キャプションや字幕で”視覚”に対してダブルで働きかけることで広告効果を最大化することが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ミスやトラブルを未然に防ぐ上で事前確認は非常に重要です。特に広告主様とユーザーを繋ぐお手伝いをしている広告代理店は、広告主様のお金と同時に信頼も預かっています。ミスによって意図とは異なる広告配信をしてしまった場合、広告費において損失になることはもちろん、最悪の場合は広告主様のブランドに対する信頼や期待も傷つけてしまう可能性があります。

広告プレビューは広告出稿前に実際どのように広告が表示されるかを確認できますし、エラーが発生するのを未然に防ぐことができるツールの1つなので、みなさんも是非活用してみて下さい。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ