リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【GoogleAnalytics】ユーザーエクスプローラーを使ってみた


今回は、Googleアナリティクスのユーザーエクスプローラーを利用して、ユーザー動向を調べてみました。

参考:
Google Analyticsの新機能ユーザーエクスプローラーが実に面白い
https://quartet-communications.com/info/topics/29913

概要

  • サービスは施工関連
  • 施工対象により、複数のサービスがある
  • 各サービスごとにLPを作成

実際に使ってみた

パターン1:対応エリアを参照している

処理済~01LPのトップページの後に、対応エリアを参照しています。
工事の絡むサービスであるため、対応エリアが重要であることがわかりますね。

パターン2:会社概要を参照している

処理済~処理済~02TOP→会社概要の流れでページを閲覧し、問い合わせをしています。
このユーザーは都合2回、会社概要を閲覧しており、関心度の高さが伺えます。

パターン3:問い合わせ後に、再訪問している

処理済~03
3/31のお問い合わせ後、4/2、4/15と再訪問しています。
見積もり提出後の相見積もりで検討している最中なのでしょうか。

パターン4:複数サービスを閲覧している

処理済~04
サービスAのLP閲覧後、他のサービスも閲覧しています。
関連するサービスの導入も改めて検討しているようです。

まとめ

いずれのパターンも、初回訪問は2016年1月となっており、
CVに至るまでの検討期間の長いサービスとなっています。

ユーザーがじっくり検討するサービスであるため、検討段階に至ったユーザーに+αの情報を与えて、
アクションを促す導線が重要です。

今回の事例では、対応エリア、会社概要は重要なコンテンツであることがわかります。
またユーザーが複数のサービスを参照しているため、各サービス間の導線を強化することで、CV獲得の機会を増やすことが出来そうです。

上記のように、実際にCVしたユーザーの動向に着目することで、LPの改善点が見えてくるかもしれませんね。
参考にして頂ければ幸いです。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ