リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

リターゲティング広告はどこまで進化するの?


突然ですが、最近、こんな広告に追いかけられたことはありませんか?

オバマ政権   Yahoo ニュース

これは、私が福岡旅行を計画している時に見ていた、「じゃらん」という宿・ホテル予約サイトのリターゲティング広告です。
じゃらんのサイト内で、福岡のホテルをいくつかウロウロ見たあとに、Yahoo!のニュースサイトの右端の広告枠でこの広告に出会いました。

Criteo(クリテオ)のリターゲティング広告

これは、Criteo(クリテオ)のリターゲティング広告です。 「じゃらん」以外にも「ジョブセンス」などで同じような広告が出されています。

行方不明事件   Yahoo ニュース 実際に、自分が見たホテルや宿、アルバイトの募集内容が表示されるので「は!これは!」と驚かれる方も多いのではないでしょうか?

GoogleAdWordsでも同じような事が出来る!?

先日Googleから発表された「動的リマーケティング」というリスティング広告でこれと同等のことが出来るとのこと。 png;base645e65bd28052a9d0c

これを利用するのは、商品リスト広告でも使用する、GoogleマーチャントセンターとGoogleAdWordsをリンクする必要があります。他にも、リマーケティングタグを修正したり…など、いくつかハードルはありますが、既に商品リスト広告などで、マーチャントセンターとAdWordsのリンクをしている人には、比較的導入しやすいのではないでしょうか?

まとめ

このように、ただのイメージ画像を表示させるだけのリターゲティング広告だけではなく、ユーザーの閲覧情報を元に広告の内容を動的に変化させる広告が増えていきそうです。Googleの動的リマーケティング広告は、まだやっている会社が少ない分、広告を目立たせ、より多くのコンバージョン(成果)を獲得することができるのではないでしょうか?



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック