リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Googleの動画広告(TrueView広告)の種類とメリットデメリット


今日は、Youtubeで最近よく見かけるGoogleの動画広告(TrueView広告)についてご紹介します。 TrueView広告は全部4種類あります。

  • インストリーム
  • インサーチ
  • インディスプレイ
  • インスレート ※6月1日で終了

インストリーム

インストリームは、実際に動画が再生される場所に、本編の動画再生前に広告動画を表示させる方法です。実際のインストリーム動画広告のキャプチャはこちらです↓

【広告動画を再生中】

キャプチャ

インストリームの特徴

◆ 課金タイミングは、動画を30秒以上再生された場合で、動画自体が30秒より短い場合は、最後まで再生した場合に課金される

◆ 5秒経過すると「広告をスキップ」というボタンが表示され、広告をスキップすることができる。つまり、スキップされた場合は課金されない。

◆ 広告再生中に、動画表示部分かコンパニオンバナー(赤枠)をクリックする事で、設定したリンク先URLに遷移するがクリックによる課金は発生しない。

◆ 広告の再生が終了後、本編の動画が再生中もコンパニオンバナーは表示されたままで、クリック可能(下のキャプチャ参照)

【本編の動画を再生中】

キャプチャ2

インサーチ

インサーチは、Youtubeで動画を検索している時に、検索しているキーワードに合った動画広告が検索結果画面に表示される方法です。

キャプチャ4

インサーチの特徴

◆ 課金タイミングは、ユーザーが動画をクリックし、再生を開始した瞬間

◆ 広告動画再生時に表示されるCall-to-Actionオーバーレイ(赤枠)をクリックする事で、設定したリンク先URLに遷移するが、クリックによる課金は発生しない。

インディスプレイ

インディスプレイは、動画の再生中に関連する広告動画が、画面右側に表示される方法です。

キャプチャ5

インディスプレイの特徴

◆ 課金タイミングは、ユーザーが動画をクリックし、再生を開始した瞬間

動画広告のメリット・デメリット

メリット

  • 他のリスティング広告と比較して、導入している企業が少ないため、広告視聴単価(CPV)が低い
  • インストリームの場合には、広告をスキップした場合など、30秒以上再生しない限り課金されない
  • 動画で商品やサービスをアピールできるので、画像広告では表現出来ない魅力を伝える事が出来る

デメリット

  • ユーザーの気持ちを考えると、見たい動画の代わりに広告動画が表示されてしまうため、商品やサービスにマイナスイメージを持たれてしまう可能性がある
  • 広告動画を最後まで見たとしても、必ずサイトへ誘導出来るとは限らず、動画広告による成果を把握し辛い

次回は具体的な管理画面の操作方法等を紹介する予定です。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック