リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】IMSAとは?メリットと活用するタイミング3つを紹介

公開日:
更新日:
Google広告 IMSA

Google広告を行う際に、購買意向の強いユーザー層に対してアプローチしやすくなるIMSA。本記事では、このIMSAについて解説します。

IMSAとは

IMSA(In-Market Audiences for Search Ads)とは、ユーザーが訪れたサイトや検索行動などの情報をもとにして、商品の購入確率が高い人に広告を表示することができるターゲティング手法の一つです。

IMSAを設定する際には、配信対象が異なる下記2つの項目から選択する必要があります。

  • ターゲティング
  • モニタリング

一つずつ説明します。

ターゲティング

ターゲティングは、特定のユーザーやコンテンツを絞り込み広告配信ができる設定です。興味関心のあるユーザーに向け効率的にアプローチできるメリットがあります。

モニタリング

モニタリングは、細かい絞り込みをせず配信を行う方法です。それにより特定の条件下で、広告がどのように機能するのか確認することができます。

IMSAを利用するメリット

IMSAを利用するメリットは特定のカテゴリのうち、どのユーザーがコンバージョンに貢献しているのか確認できることです。

結果に合わせて入札単価を調整したり、YouTubeやディスプレイ広告を活用する際に用いたりすることも可能です。

IMSAを活用するタイミング3選

IMSAを活用するタイミングとしては、以下の状況がおすすめです。

  • ボリュームが大きいのキーワードを使うとき
  • BtoBとBtoCのユーザーが混在しているとき
  • 同じ文字で意味が異なるとき

それでは一つずつ説明していきます。

ボリュームが大きいのキーワードを使うとき

キーワードのボリュームが大きすぎると競合が多くなるため、予算が足りなくなることがあります。

IMSAを活用することで、よりコンバージョンにつながる可能性が高いユーザーのみに広告表示を行うことができ、CPAの少ない広告運用が可能です。

BtoBとBtoCでユーザーが混在しているとき

広告配信する自社のサービスが、BtoBとBtoCで混在している場合、コンバージョンの確度が低くなってしまうことがあります。

そのような時には、IMSAを活用することで広告表示を操作することが可能です。

同じ文字で意味が異なるとき

同じ文字で意味が異なる言葉は世の中に多く存在していますが、この場合、意図しないユーザー層に広告が表示されてしまう可能性があります。

IMSAを活用し入札調整を行ったり、確度の高いユーザーのみに広告を表示させることが可能です。

まとめ

Google広告 IMSA今回は、IMSAのメリットとその活用すべきタイミングについてご紹介しました。

ISMAを活用することで、より購買意欲が高いユーザーにのみ広告を表示させることができ、広告効果アップにも期待できるでしょう。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事