リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

GA4と従来のタイプUAの違いについて解説

GoogleのアナリティクスがGA4に完全移行を来年に控え、マーケティング担当者は、GA4と従来のUA(ユニバーサルアナリティクス)との使い勝手の違いに戸惑っているという話しをよく耳にします。

そこで本記事では、GA4とUAの違いについてご紹介していきます。

GA4とUAの違い

GA4と従来のUAとの違いを大きく分けると以下の3点が異なります。

  • ディメンション・指標
  • レポートモデル
  • データ集計機能

それぞれどういった点が異なるのか違いについてご紹介します。

ディメンション・指標

GA4では、UAにあった、「直帰率」や「ランディングページ」などがなくなりました。

さらにGA4では新しく以下の項目ができました。

  • エンゲージメント
  • セッション数
  • LTV(Life Time Value)

などです。

エンゲージメント 10 秒以上継続orコンバージョンイベントが発生orページビューまたはスクリーン ビューが2件以上発生したセッションの数
セッション数 ウェブサイトまたはアプリケーションで開始されたセッションの数
LTV(Life Time Value) ウェブサイトまたはアプリでの購入で発生した収益の合計

参照:Google アナリティクスヘルプ|[GA4]ディメンションと指標 

今までにない機能が追加されているため、まずはその項目でどういったことができるのかを知る必要があります。

レポートモデル

UAでは、「獲得→行動→CV」という流れで見ることが一般的でした。しかし、GA4では、「獲得→エンゲージメント→収益化→維持」と、「ライフサイクル」が重視されています。

そのため、ユーザーの行動をより長期的な目で見ていくいう考え方で分析する必要があります。

データ集計機能

UAでは、ビューが集計レポートの役割を担っていましたが、GA4ではプロパティに計測データを蓄積するのは変わりないものの、ビューにあたるものが存在しません。

そのため、これまでのようにビューを切り分けてビューごとに集計条件を設定するということができなくなっています。

GA4での集計は、「データポータル」をはじめとするダッシュボードツールを利用してデータを集計・可視化します。

また、UAでは1つのプロパティに対して1つのトラッキングIDある、単一階層でしたが、GA4では、1つのプロパティ内にWeb用、アプリ用と複数のデータストリームを作成できるようになっています。

これにより、GA4では、Webとアプリをまたいだ計測をすることができるようになっています。

まとめ

今回は、GA4とUAの違いについてご紹介しました。

そもそもGA4ではUAにはなかった指標や階層構造も違うため、別のツールとして捉えるのがいいかもしれません。

また、完全移行前の今の段階では、GA4を利用には、これまでのUAとの並行運用がおすすめです。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事