リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Googleアナリティクス4(GA4)とは?特徴とGoogle広告での活用方法について

2023年10月1日から現在ののGoogle効果測定ツールである、ユニバーサルアナリティクスは、Googleアナリティクス4(以下、GA4)に完全移行します。

そこで本記事では、GA4について特徴とGoogle広告での活用方法をご紹介します。

GA4の特徴

GA4とは、Googleアナリティクス 4プロパティの略称で、2020年10月にリリースされた最新版のGoogle アナリティクスです。

GA4では、測定の継続性、カスタマー ジャーニーに関する自動インサイト、マーケティングの投資収益率向上に役立つ機能などが実装されています。

特徴は以下の3つです。

  • 機械学習の導入
  • 複数のデバイスをまたがった測定
  • イベントの自動計測

それぞれ以下でご紹介します。

機械学習の導入

従来のユニバーサルアナリティクスでは、実際のユーザー行動を元にした過去データの分析を行っていましたが、GA4では、機械学習を導入し過去データから将来の予測がGoogle アナリティクス上で行えます。

複数のデバイスをまたがった測定

GA4では、クロスデバイス・クロスプラットフォームを実現しました。そのため、ユーザーの複数のデバイスにまたがった行動を把握できるようになります。

イベントの自動計測

GA4では、イベントが自動計測できるようになりました。

イベントの自動計測の詳細は以下のとおりです。

  • スクロール数
  • 離脱クリック
  • サイト内検索
  • 動画エンゲージメント

従来のユニバーサルアナリティクスでは、個別でタグの設定が必要でしたが、アナリティクスの設定に不慣れな方でも、イベント計測が容易になるでしょう。

GA4のデータをGoogle 広告で使用する方法

GA4のセットアップを完了後、Google広告アカウントでレポートを表示することで、アナリティクスのデータを利用できます。

GA4 のすべての機能を最大限に活用ための条件は、以下のいずれかを行います。

  • (入札のため) コンバージョンのインポート
  • (リマーケティングのため)キャンペーンや広告グループにオーディエンスの追加

コンバージョンの重複を避けるため、Google 広告のコンバージョン設定からユニバーサル アナリティクスの目標をすべて削除する必要があります。

まとめ

今回は、GA4について特徴とGoogle広告での活用方法をご紹介しました。

GA4への完全移行までに、早めに GA4のセットアップを完了しておきましょう。

 

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ