リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

GA4(Google アナリティクス4 プロパティ)とは?特徴と注意点を解説

今回は、Googleアナリティクスの最新版であるGA4について特徴と活用する際の注意点をご紹介します。

Googleアナリティクスは、従来のUA(ユニバーサルアナリティクス)から今後はGA4がデフォルトのプロパティとなると正式発表されていますので、ぜひ参考にしてください。

GA4の特徴

GA4とは、「Google アナリティクス4 プロパティ」略称で、Google アナリティクス(※)の最新版で2020年10月にリリースされました。

様々な特徴がありますが今回は以下2つを紹介します。

機械学習モデルで予測機能を導入

GA4では機械学習モデルを活用し、過去のデータからユーザーの行動予測機能が導入されました。

これにより、アプリやサイトに訪問したユーザーの「購入する可能性」や「離脱する可能性」を今後7日以内の行動を予測する指標が確認できるようになります。

Webサイトとアプリでの横断的な計測が可能

「クロスデバイス・クロスプラットフォーム」を実現し、ユーザーが利用するデバイスやプラットフォーム(Web・アプリ)に関わらず、Webサイト用のデータとアプリ経由のデータなどを統合して計測することが可能になりました。

そのため、Webサイトとアプリをまたいで行動したユーザーを同一ユーザーとして分析できます。

GA4を活用する上での注意点

GA4を活用する上での注意点を2点ご紹介します。

従来のUAからデータの移行ができない

サイト分析のために、UAを使用していて、GA4に切り替える場合は、UAからデータ移行することはできません。

UA と GA4 は別物の扱いなので、UA のデータは GA4 に引き継ぐことができないためです。まずは、既存で使用しているUAとGA4を並行して使用するとよいでしょう。

GA4のデータ保持期間は初期設定だと2ヶ月

GA4のデータ保持期間は、初期設定では、2ヶ月で設定されています。

データ保持期間が終了すると、月単位で自動的にデータが削除されるため、注意が必要です。もし期間を延ばしたい場合は、データ>データ保持 から14ヶ月に変更できますので試してみてください。

まとめ

Googleアナリティクス最新版のGA4について、主な特徴と注意点2点をご紹介しました。

従来のUAからデータ移行できないため、これまで通りUAでWebサイトとアプリの運用をされている方もいらっしゃると思います。

しかし、Googleでは今後GA4を標準とする方針ですので、この機会にプロパティを作成し、データの蓄積や使い方に慣れていくとよいでしょう。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ