リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【スポンサードサーチ】広告文の文字数制限が変更

1月末よりYahoo!リスティング広告より改名し開始したYahoo!プロモーション広告ですが、2月12日よりYahoo!スポンサードサーチの広告文の文字数制限に変更があるようです。

どんな変更?

具体的に言うと下記のようになります。

変更前

  • 33文字以内

変更後

  • 38文字(19文字✕2)
  • 33文字以内

簡単に言うと、Google AdWordsと同じ文字数制限が追加されるという形のようです。

しばらくは、33文字も38文字も両方使えるようですが、2013年秋頃には33文字が中止され、38文字一本になるようですね。

AdWordsと全く同じになったの?

AdWordsと同じ文字数になるのですが、少しだけ違いがあります。

その違いは2013年の秋までは下記の画像のように、同じ広告分を入れても改行の位置が違ってくるということです。

33文字との共存のために仕方ないということでしょうか。

2013年の秋までは、広告作成画面に「広告タイプ」という項目が追加され、下記の2つから選択ができるようになります。

  • テキスト:タイトル15、説明文19-19(推奨)
  • テキスト:タイトル15、説明文33

やはり19✕2に推奨と書いているだけあって、できるだけ早めにAdWordsと同じ広告文字数に揃えたいというところでしょうか。

まとめ

今までは、Yahoo!の文字数が少なかったため、AdWordsと両方運用されている方にとっては、Yahoo!に合わせるか、両方バラバラの広告分で運用するかしかありませんでしたが、この辺りが統一されると両方運用する方にとっては非常にありがたいことなんじゃないかなと思います。

2013年に33文字はなくなりますので、文字数の少ない33文字で長くやるメリットはありません。移行する必要があれば、できるだけ早めに38文字に移行するのが得策でしょうね。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

堤 大輔

この記事を書いた人

堤 大輔

株式会社カルテットコミュニケーションズ代表取締役
「世界一効率的な代理店になる」ために日々頑張っています!

同じカテゴリの最近の記事