リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google広告最新ニュース|類似オーディエンスセグメントを廃止へ

公開日:
更新日:
Google広告 類似オーディエンスセグメント サポート廃止

Googleは、2023年に類似オーディエンスセグメントのサポートを廃止すると発表しました。

本記事ではその概要について紹介します。

サポート廃止のスケジュールについて

類似オーディエンスセグメントのサポート廃止のスケジュールは以下のとおりです。

  • 2023年5月1日~:類似オーディエンスセグメントの生成を停止
  • 2023年8月1日~:全ての広告グループとキャンペーンから類似オーディエンスセグメントを削除

2023年8月1日を過ぎると、全てのセグメントが広告グループとキャンペーンから削除されますが、過去のキャンペーンの類似セグメントについては、引き続き過去のレポートで確認可能とのことです。

サポート廃止の背景とサポート終了後の対応について

Google広告 類似オーディエンスセグメント サポート廃止

類似オーディエンスセグメントのサポート廃止の背景は、サードパーティCookie規制の影響を受けるためとされています。

Googleは今回の発表において、サードパーティCookieの廃止に伴い、より強力で耐久性のある自動化されたソリューションに徐々に移行し、プライバシーに対する人々の期待に応えられるようにするとしています。

類似オーディエンスセグメントの代替機能として示されているのが、以下の3つです。

  • 最適化されたターゲティング
  • オーディエンス拡張
  • スマート自動入札

それぞれの機能の特徴について説明します。

最適化されたターゲティング

最適化されたターゲティングを使用することで、キャンペーンの目標に基づき、コンバージョンに至る可能性が高い新規ユーザーにリーチすることができます。

また、これまで逃していた可能性のあるオーディエンス セグメントを取り込んでキャンペーンの成果を向上させることが可能です。

オーディエンス拡張

オーディエンス拡張機能を有効にすることで、キャンペーンの目標に基づき、より多くユーザーに効率的なリーチが可能です。

Googleでは、広告主のビジネスにとって重要なユーザーへのリーチが自動的に拡大されるため、Google広告おけるマーケティング目標の達成がさらに促進されるとしています。

スマート自動入札

スマート自動入札は、自動入札戦略の一つでコンバージョン数やコンバージョン値の最適化が可能です。

機械学習を使用し全てのキャンペーンのデータに基づいて最適化が行われるため、新しいキャンペーンの場合でも掲載結果が向上するという特長があります。

まとめ

今回は、Google広告の類似オーディエンスセグメントのサポート廃止について概要をお伝えしました。 ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事