リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google広告への同意モードの実装とコンバージョンモデリング機能をリリース

Google広告同意モード

2022年9月20日、GoogleはGoogle広告における同意モードの実装およびコンバージョンモデリング機能について発表しました。

同意モードは、ユーザーの同意に基づいて行える配信カスタマイズ機能ですが、これまでGoogle広告には装備されていませんでした。

今回は、同意モードのGoogle広告への実装と、同意モードを利用したコンバージョンモデリング機能についてご紹介します。

同意モードの実装について

2020年9月3日にリリースされた同意モードは、Google関連タグの配信をユーザーの同意に基づいてカスタマイズできる機能です。

同意モードを使うことで、サイトに来訪しているのにPVにカウントされないといった状況を防ぎ、ユーザーが許可した時にのみCookieが利用できます。

これまでGoogleタグマネージャーやGoogleアナリティクスにのみ対応していた同意モードがGoogle広告にまで拡張されることで、ユーザーの同意に基づいたGoogle関連タグの「動作調整」ができるようになりました。

これは、Cookieの使用についてユーザーによる同意が得られている場合にのみ、指定された目的でCookieを使用するようGoogleのタグが動的に調整されるということです。

また、それに伴い、測定できないコンバージョンへのGoogleによるモデリングも可能となります。

同意シグナルを使用することで、Googleがコンバージョンモデリングを適用し、同意に関する変更で失われたコンバージョンが回復されます。

同意モードの適切な実装で、コンバージョンモデリングを十分に活用しながら、データ内の未知の部分を解決に導ける点がメリットです。

結果として、より包括的なレポートと最適化が実現します。

同意モードは、下記の4つで使用できます。

  • Google広告のコンバージョントラッキング
  • データセグメント
  • Floodlight
  • Googleアナリティクス

コンバージョンモデリング機能について

上記でも少し触れましたが、今回のリリースによって、同意モードにおけるコンバージョンモデリング機能の活用が可能になります。

[コンバージョン] 列に、モデリングされた推定コンバージョンが表示され、データを使用するすべてのレポートに反映されるため、非常に便利です。

また、同意モードのステータスを見れば、同意モードの実装やモデリングの可否が確認でき、コンバージョン数に対するモデリングの影響も判断可能です。

まとめ

今回は、同意モードのGoogle広告への実装と、同意モードを利用したコンバージョンモデリング機能についてご紹介しました。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事