リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

わずらわしいCVタグを一括管理!Googleタグマネージャーに日本語版登場。

リスティング広告の運用に限らず、サイトの運営をしているとGoogle Analyticsなどのアクセス解析のタグなど、サイトに色々なタグを埋め込むことが多くあります。

しかし、一度設置をしても何か施策を変えるたびにCVタグなどの再設置など、HTMLをいじらなければならず、その都度発行したタグを設置するといった煩わしい作業がありました。

こういった作業に対するGoogleからのソリューションがGoogleタグマネージャーです。

初期設定について

Googleタグマネージャー

https://www.google.com/tagmanager/

①まずはアカウント名の登録をします。

②次にコンテナ名やドメインの登録をします。ここでのコンテナは管理しているサイト名と理解して頂くと良いかと思います。

③規約に同意すると、コードが出てきます。

これを設置していくことで、ひとつのタグで複数のタグの代わりができるようになります。

その他設定

その他の設定としては、そのタグでどのタグの代わりをするかの登録をしなければなりません。

それが完了したら、右上の『バージョンを作成』を押すことで、その時点でのルールやマクロを動作させることが可能です。

 

メリット

  • タグがひとつになるので管理が楽になる
  • タグマネージャーに対応さえしていれば、新たにタグを設置するときに、HTMLに設置しなくても管理画面で済んでしまう時がある

 

まとめ

ソリューションがすこしずつ盛り上がってきているタグの管理についてですが、Googleタグマネージャーの場合は対応しているタグがAdWords関連サービスによっている印象があるため、日本ではまだまだ流行るのは遠そうかと考えています。

設定の仕方次第で可能なのかもしれませんが、デフォルトでYahoo!が入っていないのは日本のリスティングユーザーからすると少し微妙なのかもしれません。

ただ非常にアナログな世界ですので、こういった部分にメスを入れていくということは非常に意味のあることだと思います。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

堤 大輔

この記事を書いた人

堤 大輔

株式会社カルテットコミュニケーションズ代表取締役
「世界一効率的な代理店になる」ために日々頑張っています!

同じカテゴリの最近の記事