リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

リスティング広告でよく出てくる用語を復習しよう


リスティング広告の運用代行をしていると、
「CPAって何?」
「広告表示回数と、キーワードの検索回数って違うの?」
など、管理画面やレポートなどで使用される用語についてのご質問を多くいただきます。

そこで今日は、リスケットで公開されている『リスティングレポートメーカー』で作成したレポートを元に、よく使われる用語や略語のご説明をしたいと思います。

 

用語・略語の解説

リスティング広告はホームページへアクセスを集めるという部分では完全に成果報酬の広告です。また、広告掲載後に結果を数字できちんと把握することができるのも、他広告媒体との大きな違いです。
しかし、用語が分からなければデータもよく分からないですよね。
今回は重要語句をメインにまとめてみました。

 

IMP(Impression) : 広告表示回数

インプレッション数などとも呼ばれ、実際に広告が表示された回数のことを指します。
よくある間違いで、 【広告表示回数 = ユーザーの検索回数】 と認識されているケースがありますが、これは間違いです。

ユーザーが検索をしたりコンテンツを見ていても、入札価格や1日の予算によっては広告が表示されないケースがあります。
この数字のみでキーワードなどのマーケットの大きさを判断するのはやめましょう。

CTs(Click Through) : クリック数

広告が実際にクリックされた回数です。

CTR(Click Through Rate) : クリック率

表示された広告が、どのくらいの割合でクリックされたのかをパーセンテージで表します。
実際には、(クリック数)÷(広告表示回数)×100 で算出しています。
検索連動型広告の場合、一般的に1%以上で良質な広告と言われています。
コンテンツ連動型広告の場合は上記より低い数値になる傾向がありますが、広告の特性なので心配はありません。

CPC(Cost Per Click) : 平均クリック単価

1クリックあたりの平均コストです。
(ご利用金額)÷(クリック数)で算出しています。

Cost : ご利用料金

実際にかかった広告費の合計です。

Rank : 平均掲載順位

広告がどの順位に掲載されのか、平均をとっています。
順位が大きい場合は予算不足や機会損失している可能性があります。

CVs(Conversion) : コンバージョン数

コンバージョンとは、サイト内で目標としている成果のことを指します。お問い合わせ数や資料請求などがよく設定されます。
リスティング広告でコンバージョンを計測する場合は、対象となるページにタグを埋め込むなどの作業が必要になります。

CVR(Conversion Rate) : 成果獲得率

コンバージョンを1件獲得するために何クリック必要だったのかをパーセンテージで求めています。
(成果数)÷(クリック数)×100で算出しています。

CPA(Cost Per Action) : 成果獲得単価

リスティング広告で 1コンバージョンを獲得するためにかかった費用です。
(ご利用金額)÷(成果数) で算出しています。

 

まとめ

上記9項目はYahoo!リスティング広告やGoogle AdWordsの管理画面はもちろん、リスティング広告レポートメーカーでも使用している用語です。
つまり、これらの数字で目標をしっかりと立ててリスティング広告の運用がスタートできれば、効果測定もしっかりできるということですね。

 



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ