リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

『リマーケティングwith Googleアナリティクス』 ベータ版がリリースされました


今日は米Googleで7月27日に発表された『リマーケティングwith Googleアナリティクス』についてご紹介します。
さっそくあちこちで話題になっていますが、『リマーケティングwith Googleアナリティクス』とは、Googleアナリティクスの指標を使ってリマーケティング広告のターゲットリストを作成することができるというもの。
これまで以上に詳細にターゲティングできるのではと期待されています。

どんなことができるのか

これまでのリマーケティング広告はは、訪問先のページによってユーザーをリスト化していました。
今回リリースされた『リマーケティングwith Googleアナリティクス』を仕様すれば、

  • サイトの滞在時間
  • 閲覧地域
  • ユーザーのページビュー数
  • リピート回数

などの指標でもユーザーをリスト化できるようになります。

 

設定方法が分かりやすくなります

今までリマーケティングを設定しようとすると、AdWordsの管理画面からリマーケティングタグと呼ばれるコードを発行し、該当ページのhtmlに貼り付ける必要がありました。
しかし、今回の『リマーケティングwith Googleアナリティクス』によって、Googleアナリティクスのトラッキングコードがこのタグの役割も担うようになるため、新たにコードを発行する必要がなくなります。
しかも、アナリティクスでリストを作成することでAdWordsの管理画面にもリストが自動で反映されるため、広告グループや広告などの設定をするだけで広告配信が可能になります。

 

使用するための条件

この新機能を利用するためには、

  1. 対象サイト(ページ)にGoogleアナリティクスを設置する
  2. GoogleアナリティクスとGoogle AdWordsをリンクさせる

以上の二点が必要になってきます。

現在ベータ版として部分的に導入されている機能なので、全ユーザーが利用できるようになるのは夏の終わりぐらいだそうです。
また、2のアナリティクスとAdWordsの設定方法については次回ご紹介する予定です。

 

まとめ

Googleアナリティクス内で『WEBテスト』機能が実装されるなど、最近Google AdWords関連のサービスとアナリティクスのサービスが数多くリンクされてきました。
これらの情報をうまく選択、活用して、効果的なリスティング広告の運用をしていきたいですね。

Googleアナリティクス 公式発表記事はこちら(英語です)
http://analytics.blogspot.jp/2012/07/a-simpler-way-to-reconnect.html



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック