リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google AdWordsからGoogle広告へ】Googleの各プロダクトのアップデートまとめ


こんにちは。
営業部の水野です。

さて、2018年6月27日にGoogle Adwords公式ブログにてGoogle AdWordsの名称変更、及びその他のGoogleプロダクトのアップデートが発表されましたね。

今回の記事では、各プロダクトのアップデート情報をまとめてご紹介致します。

Google AdWords から Google 広告へ

これまで「Google AdWords」として長年親しまれてきたこのプロダクトですが、この度「Google 広告」として生まれ変わることになりました。

18年前にGoogle初めての広告プロダクトとして「Google AdWords」が登場して以来、Googleは「ユーザーがオンラインでもっと手軽にビジネスとつながれるようにする」という目標を掲げてきました。
様々な企業・団体のサービスや商品の広告をユーザーにとって適切なタイミングで届けることに徹底的にこだわってきたことで、今となっては現代の広告ビジネスの基礎としての地位を確立するまでに成長しています。

そんな中、日々の暮らしの中でスマホが非常に大きな存在となり、ユーザーは商品の検索や動画の視聴、コンテンツの閲覧、ゲームなど様々なことを簡単に行うことができるようになったことで、世のマーケターにとっては様々なチャネル、デバイス、フォーマットを通じでユーザーにリーチできる機会が増えました。

多様な経路でユーザーにリーチできる機会が増えたことで、様々な角度からユーザーの動きを分析する必要が出てきた為、現在では様々なサービスを活用しながら多角的にデータを見定める必要があります。

こういった変化を受け、現在Googleが提供する様々な広告関連プロダクトの中でも純粋に「広告」としての役割をより明確にすべく、Google AdWordsから「Google 広告」へと変化を遂げました。

公式ブログでは、「広告運用にリソースを割きたくない小規模ビジネスでも、オンライン広告をさらに簡単に利用できる新たな機能を導入する」と発表しています。
Google広告の機会学習技術の向上も相まって、さらなる機能向上に期待したいですね。

ちなみに、英語圏では「Google AdWords」から「Google Ads」へと名称が変わるそうです。

「Google マーケティングプラットフォーム」が新たに登場

Double Clickの広告主向けプロダクトとGoogleアナリティクス360Suiteが単一ブランドとして統合され、「Google マーケティングプラットフォーム」として生まれ変わりました。

もともとDoubule ClickのようなGoogleの広告プロダクトとアナリティクスは併せて活用することで高い相乗効果を発揮していましたが、これらを一つのブランドに統合することでさらに高い相乗効果を生み出すことができるようになります。

統合的なプラットフォームとなったことで、DoubleClick Digital MarketingとGoogle アナリティクスをシームレスに行き来できるようになり、マーケターに必要なデジタルメディアのプランニング、買い付け、計測、最適化を一元的に扱うことが可能となります。

公式ブログによると既に米アディダス社はGoogle マーケティングプラットフォームを導入しているようで、「マーケティングチームのメンバーそれぞれが、共通のプラットフォームを見ながらほぼリアルタイムで変更を加えることができる環境」に大きな価値を感じているようです。

また、Googleマーケティングプラットフォームの一部として「ディスプレイ&ビデオ360」も発表しています。
ディスプレイ&ビデオ360は、DoubleClick Bid Manager、DoubleClick Campaign Manager、DoubleClick Studio、DoubleClick Audience Center の機能を集約したもので、クリエイティブ、代理店、メディア担当の各チームがスムーズに連携し、広告の全工程を 1 か所で扱うことができるとのことです。

Googleマーケティングプラットフォームのトピックスとしては、これまで独立したサービスだったものが全て単一ブランドに集約され、それぞれのツール間をスムーズに行き来できるようになった点でしょう。

DoubleClick Ad Exchange が「Google アドマネージャー」に

DoubleClick Ad Exchange とDoubleClick for Publishers が統合され、「Google アドマネージャー」として再スタートしました。

ユーザーのWeb上での行動の変化に伴い、動画の視聴やゲームのプレイ、コンテンツ利用など様々な場面において広告主のニーズに応える為に、DoubleClick Ad Exchange とDoubleClick for Publishersを単一のプラットフォームとして提供することで効率的に管理することができるようになります。

公式ブログでもまだ情報が少ない状況ですが、日本時間の7月11日午前1時より広告主を対象としたイベント「Google Marketing Live 」にて今回の広告プロダクトのアップデートに関する発表があるようなので、気になる方はご覧頂くといいでしょう。

まとめ

今回のアップデートにより、慣れ親しんだ「Google AdWords」という名称が無くなるということで若干の寂しさも感じますが、同時に進化も感じるアップデートとなりました。

今回ご紹介した変更については今後1ヶ月のうちに順次運用が開始されるとのことですので、今のうちから各名称に慣れ親しんでおこうと思います。

出典
Google AdWords 公式ブログ
Google マーケティングプラットフォーム公式ブログ
Google アドマネージャー公式ブログ

 

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ