リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google AdWords】動画リマーケティングを使ってみよう


皆さんこんにちは。

突然ですが皆さんは日頃どの程度Youtubeを利用しているでしょうか?
ちなみに私はほぼ毎日Youtubeにアクセスして作業用BGMとして動画を流しています。その際、動画を切り替えるたびにインストリーム広告が再生されるのですが、バリエーションが少なすぎて5秒待つのも億劫になってきました。

もう少し上手にターゲティングしてほしいと思います。

今日はそんなTrueView広告を上手に運用できるようになるかもしれない手段の一つとして、『動画リマーケティング』を紹介します。正しく設定方法を理解し、賢い活用をするためにぜひ参考にしてください。

”動画”リマーケティングとは...

通常のリマーケティングではサイトに訪れたユーザーを追跡するのが一般的ですが、『動画リマーケティング』では自社のYouTubeチャンネルや動画を視聴したユーザーを追跡することができます。

YouTubeチャンネルとAdWordsをリンクしよう

動画リマーケティングリストを作成するにはYouTubeチャンネルをAdWordsアカウントにリンクする必要があります。リンクはYouTube、AdWordsのどちらからでも可能ですが、両方のアカウントでリンクを確認しなければいけません。

ここではAdWordsからリンクする方法を紹介します。

AdWordsからリンクする

①右上のスパナマークより[リンクされたアカウント]をクリック

②YouTubeの[詳細]をクリック

③リンクしますか?と聞かれるので[チャネルを追加]をクリック

④チャンネルを検索orURLを貼り付けて該当のチャンネルを選択

※チャンネルの所有者が自分ではない場合、所有者にリンクリクエストを送信し承認してもらう必要があります。

⑤チャンネルの所有者が承認し、リンク完了!

AdWordsアカウントには複数のチャンネルをリンクでき、逆にYouTubeチャンネルに複数のアカウントをリンクすることも可能です。また一般公開しているアップロード動画がなく、登録者が10人未満のチャンネルはリンク不可なので、動画をアップロードしてからリンクしましょう。

 動画リマーケティングリストを作る

チャンネルとリンクできたら早速リストを作成しましょう。
リスト作成は通常と同様、オーディエンスマネージャーにて行います。

YouTubeユーザーリストでは、下記の操作を行ったユーザーのリストを作成することができます。

  • チャンネルの動画を視聴
  • 特定の動画を視聴
  • チャンネルの動画を広告として視聴
  • 特定の動画を広告として視聴
  • チャンネル登録
  • チャンネル ページにアクセス
  • チャンネルの動画を高く評価
  • チャンネルの動画を再生リストに追加
  • チャンネルの動画にコメントを追加
  • チャンネルの動画を共有

複数のリストを作成し組み合わせてカスタマイズすることも可能です。また、ターゲティングとして使用するにはリスト内に100人のユーザーが必要なので(検索ネットワークキャンペーンで使用する場合は1,000人)絞りすぎて広告が配信されない...ということがないように気を付けましょう。

 使ってみる!

作成したリストはTrueView広告のターゲティングとして使用できるほか、ディスプレイネットワークキャンペーンや検索ネットワークキャンペーン、ショッピングキャンペーンでも使用できます。ただし「動画を視聴」「動画を広告として視聴」を選択して作られたリストは検索ネットワーク、ショッピングキャンペーンでは使用できないとのことなので注意してください。

下記、個人的に考えてみた使用例を紹介します。

使用例①

「広告として視聴」したユーザーをわけてリスト化できるため、「動画を視聴」したユーザーから「広告として視聴」したユーザーを除くことで自らの意志で動画を視聴したユーザーのみをリストアップできます。自社サービスに強い興味を持ってくれている、なかなかに有効的なリストができるのではないでしょうか。

使用例②

動画視聴後のユーザーへ関連するバナーを配信したりRLSAを配信することで、サイトへの流入やサービスの購入へつながる可能性が高まるかも。おいしそうなレシピ動画を見た後に、動画で使用していた食材の広告が表示されれば思わずクリックしてしまうかもしれません。

使用例③

ストーリー性のある動画をシリーズとして作成し、過去の動画を視聴したユーザーに向けて新しいものを次々配信していけばさながら短編ドラマを見ているかのように広告を視聴することができるのでは。新商品が出るたびに新しい動画を配信していくと面白いのではないでしょうか。

★公式ヘルプページ
YouTube 視聴者へのリマーケティングについて
動画キャンペーンにリマーケティング リストを使用する

まとめ

リストの条件もたくさんあり、さらに組み合わせカスタマイズできる上にディスプレイやRLSAでも利用できるとなると可能性は無限大。いろんなパターンの戦略が練れて興味深いですね。これでより最適なターゲティングに近づけるはず。動画配信しているクライアント様はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ