リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

コンテンツマーケティングに勝るSEO対策は無し【事例紹介】


リスティング広告のご提案をしていると派生してWEBマーケティング全般のご質問をお受けする機会が多いのですが、中でも多いのがSEO対策についてのご相談です。
そこで、今日はいつもと少し趣向を変え、コンテンツマーケティングを頑張った結果SEO対策もできて成果が出たよ、という成功事例をご紹介したいと思います。
WEBに関わる担当者さんであれば知って損はない内容なので、ぜひご覧ください。

※本記事は「特定のキーワードで上位表示を目指す」というよりも、いわゆるコンテンツSEOと呼ばれる施策についてご紹介しています

SEO対策とは

新年度のこの時期、新入社員や新たに配属になった方もいらっしゃるのではということで、軽く用語のおさらいです。

SEO(Search Engine Optimization)対策

  • Search Engine … 検索エンジン、つまりYahoo!やGoogle
  • Optimization … 最適化(好みに合わせようってイメージ)

細かく言い出すときりがないですが、一般的にはYahoo!やGoogleの好みに合わせる(最適化する)ことで、検索結果の上位に表示させるための対策のことを指します。

『検索結果の上位に表示される ⇒たくさんの人に見られる ⇒ ホームページのアクセスも増える( ⇒きっと集客につながる)』というのが狙いです。

内部施策と外部施策

実際に何をするのかは正解がなく諸説あるので詳細は省略しますが、ざっくり分けると下記の2つの施策に分けられます。

  • 内部施策 … 各種タグ(titleタグ、hタグなど)、コンテンツ内容、ページボリュームなど
  • 外部施策 … ほぼ被リンク(数、質)

「おや、コンテンツ内容とページボリュームが太字になってるな」ということだけ気に留めておいてください。

おまけ

ちなみにGoogleは『Search Console ヘルプ』にて、公式に『検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド』を公開しています。細かく具体的に紹介されているので参考になります。

コンテンツマーケティングとは

それでは本題です。そういえばコンテンツマーケティングって正確にはなんなんだろうと調べてみると、様々な説明が出てきたので今回は権威ある方の著書から引用し定義したいと思います。

「コンテンツマーケティングとは、有益で説得力のあるコンテンツを制作・配信することによってターゲット・オーディエンスを引き寄せ、獲得し、エンゲージメントをつくり出すためのマーケティングおよびビジネス手法を指す。」
「メディアを借りるのではなく、自前のメディアを持つこと」

【引用】『エピック・コンテンツマーケティング』ピュリッジ,ジョー著

難しく書いてありますが、一般的な中小企業さまで考えると、「自社サイトのコンテンツを充実させて見込み度のあるユーザー獲得し、集客に活かそう」といったところでしょうか。(※私個人の解釈です)

これってさっきの内部施策このとじゃないですか!
つまり、コンテンツマーケティングを行うと副産物としてSEO対策にもなり、非広告経由(自然検索検索など)の流入増加が見込めるため、コンテンツSEOとも呼ばれたりするわけです。

コンテンツはどう増やす?

個人的に中小企業さまができるコンテンツマーケティングは、ブログ(記事投稿)一択だと思っています。

ブログと言っても「今日のランチはあんかけパスタだよ」「出張帰りのビール★in新幹線」のようになんでもいい訳ではなく、少なくとも自社のビジネス、サービス、商材に何らかの関連性がある内容である必要があります。

「うちは書くことないよ」とお悩みのクライアントも多いですが、難しく考えず下記の例を参考にしてみてください。

  • 不動産業 … 取り扱っている物件情報
  • 中古車販売店 … 販売できる在庫車種情報
  • 住宅・建設業 … 工事や作業の実績紹介
  • 飲食店 … 限定メニューの紹介
  • 美容院・ネイルサロン … お客様の声

何かを記事として執筆しなければ…と構えすぎず、普段の業務の中でお客様(ユーザー)にご紹介できることを公開するだけで十分有益で説得力のあるコンテンツになり得ます。

ポイントは続けるとにかく続けること

コンテンツマーケティング、SEO対策ともに、集客に繋げるためには定期的に続けることが重要です。特に、SEO対策としては『記事タイトル』『記事内のキーワード』『記事のボリューム』『パンくず等々』気をつけるべきと言われているポイントがやたらありますが、そんなことを気にして1ヶ月に1記事投稿するより、気軽に1週間2~3記事バンバン更新するほうが効果的、と感じるクライアントがほとんどです。(※個人の主観です)

※念のためですが、コンテンツマーケティングがSEO対策になるといっても、記事を書けばサイトのトップページの順位がバンバンあがるというわけではなく、その記事自体が色々な検索キーワードで露出されることでアクセスを集めるということが効果の中心です。

事例のご紹介

前置きがかなり長くなってしまいましたが事例のご紹介です。
グラフはGoogleアナリティクスで『自然検索トラフィック』のみを表示しています。

事例①:リフォーム業

もともとスタッフブログとして記事は投稿されている会社さんでしたが、2015年5月より施工実績を追加し、じわりじわりを自然検索トラフィックが増加しています。長期間なので分かりづらいですが、約3年で月間2,500⇒5,000ユーザーまで倍増しています。

実際のお見積依頼も倍増し、施工実績への掲載OKで特典を付けるなど、非常に良いサイクルでコンテンツマーケティングが成功しています。

事例②中古車販売、買取業

折り込み広告に頼り自社サイトはほぼ手付かずでしたが、2017年3月より査定結果の更新を開始し、ご覧のようにアクセスが増加しています。店舗ごとに更新件数をランキング形式で発表することで、大切な業務としてスタッフの皆さんにも根付いているとのことでした。

査定結果の公開により、買い取った車種を買いたいという購入検討ユーザーからのお問い合わせも増え、こちらも非常に良い効果が出てきているそうです。

まとめ

コンテンツマーケティングもSEO対策も、基本的に最終ゴールは同じ『集客』です。
しかし、『なんとなくSEO対策をする』のと『コンテンツマーケティングを頑張ったらSEO対策にもなった』では大きな違いがあると考えています。

手段と目的を混同せず、ご紹介した事例のように効果的なWEBマーケティングを実施していきたいですね。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ