リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【リスティング広告】最近の媒体変更点まとめ


この季節は変化の季節ですね。
街中にも新入社員の姿を目にすることが多くなりました。

さて今回はリスティング広告における直近の変化(変更)に関する内容をいくつかまとめてみました。

Yahoo! 主な変更点

まずYahoo!の直近の主な変更点をまとめてみます。

YDN「インタレストマッチ」が「ターゲティング」に統合

まず、こちら。
実施日は2018年5月16日予定となっており適用まで1か月強ありますが、
広告掲載方式「インタレストマッチ」を選択しているキャンペーンは、広告掲載方式が「ターゲティング」に変更がされるとのこと。
(これから運用に携わる方はインタレストマッチの存在を知ることはなさそうですね笑)

変更後は「ターゲティング」の配信の仕組みが適用されるため、変更前の配信傾向に変化が出る可能性があるようです。

この点媒体側に問い合わせを行って確認してみましたが、
「ターゲティング」の配信の仕組みとは具体的に何を指しているのか。またそれらは確認が可能なのか。といった点に関しては、具体的な案内が難しいとのことでした…

つまり、変更後に変化が生じる可能性があり具体的にどのような変更がされたかは確認が不可能なため、変更適用前に広告掲載方式「ターゲティング」にて広告を入稿しておいたほうがよいと言えるでしょう。

広告枠サイズ固定「(300×250)」の提供が終了

2018年4月下旬より徐々に【広告掲載方式「ターゲティング」・掲載フォーマット「テンプレート」・広告タイプ「広告枠サイズ固定(300×250)」】の配信が減少し、実施日より以下に該当する広告の提供が終了され、広告タイプは「レスポンシブ」のみとなります。

これまで「広告枠サイズ固定(300×250)」にて配信を行っていた場合、
変更実施日までに広告タイプ「レスポンシブ」への切り替え、あるいは掲載フォーマット「ディスプレイ」を選択した配信を検討してみましょう。

その際の注意点として、

  • 広告タイプ「レスポンシブ」を選択した場合、画像の縮小やトリミングが行われる可能性があること
  • 「広告枠サイズ固定(300×250)」から「レスポンシブ」への変更により、
    掲載枠が増えインプレッションの増加が見込まれますので、急激なインプレッション増加やプレースメントには注意が必要

などが挙げられます。

ただ、このアップデートによる影響は【広告掲載方式「ターゲティング」・掲載フォーマット「テンプレート」・広告タイプ「広告枠サイズ固定(300×250)」】の話であって、通常のディスプレイ広告のバナーサイズ300×250には影響はないようです。

レスポンシブに関する弊社過去記事はこちら
参照 Yahoo! マーケティングソリューション エージェンシーポータル

AdWords 主な変更点

続いてAdWordsの直近の変更点になります。

キーワードプランナーがリニューアル

まず先月末より、リニューアル版キーワードプランナーのアップデートがありました。
比較しやすいよう上段が従来版管理画面、下段がリニューアル版管理画面のキーワードプランナーとなっております。視覚的にわかりやすくなっている印象を受けます。
※従来版・リニューアル版ではそれぞれ確認できる項目が異なっているようですが。


リニューアル版では操作せずとも、デバイス別や地域別の指標を視覚的に捉えることができます。
キーワードプランナーはあくまでシミュレーションの数値にはなりますが、一度画面をのぞいてみてはいかがでしょうか。

広告のバージョン履歴が利用可能に

こちらは運用者にとって朗報といえるアップデートではないでしょうか。
AdWordsにおいて、下記のように広告のバージョン履歴が確認できるようになりました。
なおCSV形式でダウンロードもできるようです。

ただ、私が確認したところ
現状では、リニューアル版管理画面で既存の広告文を編集した場合にのみバージョン履歴を確認できるようです。
従来版の管理画面で編集した場合にはバージョン履歴は確認できず、リニューアル版の管理画面で既存の広告を編集した場合のみバージョン履歴を確認できるようです。

AdWordsEditorにおいても従来版の管理画面編集時同様バージョン履歴を確認できないようです。
大量の広告文を変更したりする場合にはいちいち管理画面で編集するケースは稀なケースでしょう。
つまり、運用者にとって朗報かと思われたアップデートですが、個人的には現状のところ使用機会は限られており、アップデートのアップデート待ちといったところでしょうか…。

AdWordsEditorにて、現状の広告を停止し新しい広告を入稿した際にもバージョン履歴を確認できるようになれば使用機会は増えることでしょう。(実際に可能かはわかりませんが)

まとめ

今回はリスティング広告にまつわるYahoo!・AdWordsの両媒体に関する直近のアップデート内容を取り上げました。
AdWordsのアップデート内容はより効果検証しやすくなる兆しが見られ、今後に期待できるような内容になっているかと思います。

今後のアップデートに期待しつつ、こういった変更は先取りで把握していきたいですね。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ