リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【リスティング】YDNのコンバージョン測定方法が変わりました


こんにちは、今井です。
健康診断に引っかかり、再診の結果毎日薬を飲まなければならなくなってしまいました。
再診に行くのは面倒ですが、皆さんも健康のためにちゃんと行きましょうね...

 

さて、6/14に刷新がありましたが、YDNのコンバージョン測定方法が変わり、より精度の高いコンバージョン測定ができるようになりました。

管理画面には従来のコンバージョン測定の「旧」と刷新したコンバージョン測定の「新」が表示されるようになっていますので、お気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では変更になったYDNのコンバージョン測定ポイントをご紹介させていただきます。

1.Yahoo! JAPAN各種サービスのログイン情報を活用した測定が可能

従来のCookie情報を基にした測定に加えて、Yahoo! JAPAN各種サービスのログイン情報を活用した測定が可能になります。

そのため6/14以降、従来より多くのコンバージョンが計測される可能性があります。

上記に6/14以降の弊社のYDN配信データを記載させていただきましたが、確かに新指標のほうがコンバージョンが増えてますね!

では、具体的にどのような時にコンバージョンが計測されるのようになったのか紹介していきます。

デバイスをまたいだコンバージョンの測定

スマートフォンで広告をクリックして、パソコンでコンバージョン。といったデバイスをまたいだコンバージョンの計測が可能になりました。

AdWordsではクロスデバイスコンバージョンと呼ばれていますね!

ブラウザをまたいだコンバージョンの測定

Choromeで広告をクリックして、IEでコンバージョン。といったブラウザをまたいだコンバージョンも計測が可能になりました。

2. コンバージョン測定の計測期間が、7日間から90日間の間で設定可能に

6/14以前はコンバージョン計測期間が30日までしか設定できませんでしたが、6/14以降は7日間から90日間の間で設定できるようになりました。

90日まで計測できるようになったことで、検討期間が長めである商材のコンバージョンを計測できるようになったのが個人的に大きいかと感じています。

高額の商材等検討期間が長いと考えられる商材の広告出稿をされている方は、計測期間を長めに設定しておくことで、今まで計測できなかったコンバージョンが計測できるようになりますね!

補足

新指標の集計期間について

新指標では、6月14日以降に発生したコンバージョンを測定します。

そのため、6/14以前の計測方法である「クロスデバイスコンバージョンを省いたコンバージョン数」を今後も確認したい場合は、旧指標のコンバージョン数を確認する必要がありますのでご注意ください。

※公式情報によると旧指標は一定期間後に表示されなくなる予定とのことです。表示されなくなる具体的な日程は未定です。

まとめ

本日はYDNのコンバージョン計測の刷新ポイントについてご紹介させていただきました。

コンバージョンはお客様の成果を確認できる大事な指標となりますので、アップデートには常にチェックするようにしておきましょう!

今回のコンバージョン測定の刷新について詳しい情報は公式ページをご覧くださいませ。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ