リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Facebook広告】新しいショッピング体験を可能にする「コレクション広告」とは


こんにちは、営業部の水野です。
普段はSNS中毒者(ROM専)として日々リアルとソーシャルネットワークの世界を行ったり来たりしています。

さて、ご存知の方もいるかと思いますが、2017年3月24日にFacebook広告の新たな広告フォーマットとなる「コレクション広告」が発表されましたね。

昨年のキャンバス広告に続き、大きな広告アップデートとなる今回の新フォーマットの追加によって、より快適なショッピング体験が可能になるとのことですが果たしてどのような特徴を持った広告フォーマットなのでしょうか。

※キャンバス広告についての過去記事は下記をご参照ください。
【Facebook広告】まるでブランドサイト!?キャンバス広告とは

今回は、より快適なショッピング体験を可能にする「コレクション広告」について紹介していきます。

コレクション広告とは

 

出典:Facebookの「コレクション」でショッピングがもっと楽しく
   Facebook Business ニュースより(2017年3月24日)

コレクション広告とは、

  1. メインとなるビジュアル(動画もしくは画像)
  2. メインビジュアルに関連する4つの商品画像

から成るモバイル上でのショッピングに特化した新しい広告フォーマットです。

広告をタップすると瞬時にフルスクリーン画面(上記画像真ん中)に切り替わり、最大50枚の商品画像で外部のウェブサイト(上記画像右)もしくはアプリへ誘導することができます。

また、この広告フォーマットはモバイル限定となっておりPC版のFacebookには表示されませんのでご留意ください。

この広告のメリットとしては、まずはメインビジュアルの動画や画像でユーザーの目に留まらせ、メインビジュアルの下に出てくる関連商品の魅力や特徴をより引き立たせることができる点だと思います。

ファッションブランドのTOMMY HILFIGERでは、ランウェイショーの動画をメインビジュアルとして利用し、ランウェイショーで着用されているものと同じ商品をメインビジュアルの下に表示することで購買が促進され、約2.2倍の費用対効果の向上に繋がったとの事例もあるようです。

世の消費者の75%はSNS上の動画が購買判断に影響すると答えている(参照元:Brightcove「The Science of Social Video」2016年11月)データもあり、コレクション広告で動画と商品画像を組み合わせてアプローチすることでより購買意欲を高めることができそうです。

コレクション広告の入稿規定

Facebook Businessのヘルプページにコレクション広告の入稿規定について記載がありましたので紹介致します。

メインビジュアル(画像、動画、スライドショーの内どれか1つを選べます)

  • 画像サイズ:1,200×628ピクセルを推奨(スライドショーも同じ)
  • 動画サイズ:アスペクト比が1:1、もしくは16:9のものを推奨(4GBまで)

関連画像(メインビジュアルの下に表示される4つの画像)

予め作成した製品カタログ内にある商品が自動的に表示されます。
製品カタログの作成方法についてはこちらをご参照ください。

デフォルトでは製品カタログに登録されている商品のうち、コンバージョンが見込まれる可能性の高い商品がランク付けされ、その上位4商品がメインビジュアルの下に表示される仕組みです。
また、表示したい商品を手動で指定して表示させることも可能です。

テキストの入稿規定

  • 見出し:25文字以内推奨
  • 広告文:90文字以内推奨

※ヘルプページが英語で書かれている為、半角の場合だと思われます。

補足

上記のコレクション広告のローンチに伴って、新たな成果指標となる「アウトバウンドクリック」のテスト導入もアナウンスされました。

キャンバス広告やリード獲得広告、そして今回のコレクション広告では広告をクリックするとフルスクリーン画面に表示が切り替わり、さらにそこからウェブサイトやアプリに誘導できるのですが、これまではFacebook内での遷移数とFacebook外への遷移数がまとめて集計されていました。

今回の「アウトバウンドクリック」の導入により、キャンバス広告を開いた人の内どれくらいのユーザーが自社サイトを訪れたのかや、コレクション広告経由でどれぐらいのユーザーが商品詳細ページへ訪れたのかを計測することができるようになりました。

今回の広告アップデートによって、より正確にパフォーマンスを把握することができるようになったのは効果検証が欠かせない運用型広告界にとって朗報になりそうです。

最後に

コレクション広告は2017年3月24日のローンチを機に世界中で順次展開され、日本でも数ヶ月以内に全広告アカウントで利用できるようになるとのことです。
したがって、入稿規定等が日本用にローカライズされる場合もあるので上記の入稿規定とは異なる可能性があります。

「Facebook広告でモノを売る」という目的に特化した広告フォーマットが追加されたことで、消費者側はもっと楽しいショッピング体験を、広告主側はより効率的な販促活動の展開を期待することができそうですね。

今後も、モバイルでのショッピング体験の進化には目が離せなさそうです。

参照元:Facebookの「コレクション」でショッピングがもっと楽しく
    Facebook Business ニュースより(2017年3月24日)



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ