リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google Adwords】コンバージョントラッキングの定義変更


皆さんこんにちは、谷澤です。
先日管理画面を見ていたら、気になる点を発見しました。

03-1

『コンバージョン(総CV)』の値が『コンバージョンに至ったクリック(ユニークCV)』よりも少ない…!
そんな馬鹿な、と思いヘルプセンターに早速お問い合わせしてみました。

原因

どうやらコンバージョントラッキングにおいて、定義が変更されたことが原因のようです。

02-1
以前までは上記画像の”[コンバージョン]に含める”の項目が「はい」でも「いいえ」でも『コンバージョン(総CV)』として表示されていたようですが、定義変更後は「はい」のもののみ『コンバージョン(総CV)』に表示されるようになったとのことでした。

こちらの設定について、ヘルプページにまとめられていたのでご参照下さい。
[[コンバージョン]に含める]設定について

もう少し詳しく

”[コンバージョン]に含める”を「はい」と「いいえ」に設定した場合、管理画面上でコンバージョンデータがどのように見えるのか、例として挙げさせていただきました。

  • 「はい」に設定した場合

hai

  • 「いいえ」に設定した場合

iie

”[コンバージョン]に含める”の項目を「いいえ」に設定した場合、『コンバージョン(総CV)』にカウントされなくなります。

コンバージョンに至ったクリック

→いわゆるユニークコンバージョン数です。1回のクリックで複数のコンバージョンがあった場合は1回カウントされます。※変更による影響なし

コンバージョン数

→いわゆる総コンバージョン数です。”[コンバージョン]に含める”の項目を「はい」に設定した場合にカウントされます。※変更による影響あり

すべてのコンバージョン

→「いいえ」に設定したものも含めたすべてのコンバージョンがカウントされます。また、『クロスデバイスコンバージョン数』が含まれることも要注意です。※変更による影響なし

クロスデバイスコンバージョン数

→スマホで広告をクリックし、その後PCでコンバージョンした場合(逆パターンもあり)カウントされます。※変更による影響なし

ビュースルーコンバージョン

→ディスプレイ広告において、広告表示はあったもののその広告をクリックせず、広告経由以外のルートでコンバージョンした場合カウントされます。※変更による影響なし

詳しくは、様々なコンバージョンデータについてまとめられているヘルプページがありましたので、ご参照下さい。
コンバージョン トラッキング データを理解する

まとめ

このような変更は突然行われることもあるため、日々管理画面を注意して見ておくことが重要です。
今回はコンバージョンに関しての変更でした。
コンバージョンはお客様の成果を確認できる大事な指標となりますので、再度アカウントの設定を確認してみると良いかもしれませんね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック