リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

広告表示オプション新機能!構造化スニペット表示オプションの使い所が分からない《Google AdWords》


先日、広告表示オプションに新たに「構造化スニペット表示オプション」が追加されました。
ただ、内容を見るとほとんどコールアウト表示と同様の機能なので必要なのかな?と疑問がありますが、コールアウト表示との違いとあわせてご紹介します。

ここが違う!構造化スニペット表示オプション

ヘッダー

2

構造化スニペット表示の最大の特徴は「ヘッダー」と呼ばれる機能です。
「ヘッダー」はAdWords側で決められたカテゴリーのようなもので候補の中から選択をし、選択した内容にあったテキスト文を記入します。

ヘッダー候補は現時点では以下の内容となっています。

  • Amenities:アメニティ
  • Brands:ブランド
  • Courses:コース
  • Degree programs:学位課程
  • Destinations:目的地
  • Featured hotels:注目のホテル
  • Insurance coverage:保険
  • Neighborhoods:近所
  • Service catalog:サービス・カタログ
  • Shows:演目
  • Styles:スタイル
  • Types:タイプ

また、表示に関しては、サイトリンク・コールアウトのようにテキスト毎ではなく、各ヘッダー毎に広告表示がされます

掲載位置、文字数、表示制限

掲載位置、文字数、表示制限は下記のようになっています。

コールアウト表示 構造化スニペット表示
掲載位置 コールアウト掲載枠 コールアウト掲載枠
テキスト文字数 全角12文字 全角12文字
最低掲載数 2 1
最大掲載数 4 登録された文字数とスクリーンサイズに依存

掲載枠・文字数はコールアウトと同様・同数ですが、掲載数は多少違いがあります。
服のブランドやジャンルなどの掲載の場合は構造化スニペットの方が良いかもしれません。

まとめ

今回比較をしてみても、コールアウト表示と機能面でもそれほど大きな差がなく、掲載枠も同じなのでやっぱり使い所が分かりません。。。
ただ、ヘッダー毎に広告表示がされる点につきましては、テキスト毎ではなくグループ毎に配信ができる為、例えば、コース名とサービス名でどちらが成果に繋がるかの検証は行えるかと思います。

将来、検索キーワードに対して最適なヘッダーに切り替わる機能が追加されるのであれば、ユーザーとのマッチングも高まりますので、効果的な広告表示オプションになる可能性もありますね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック