リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

時間基準の変更点《スポンサードサーチVer.3》


スポンサードサーチver.3になって予算などはアカウント単位での管理ができなくなり、キャンペーン単位で『一日◯◯円』という形で管理するようになりました。細かいことですが、ver.3では時間基準が以前と変わっていますので確認しておきましょう

ver.2ではどうだったの?

そもそもver.2(Panama)では、一日の基準時間は米国太平洋時間で決まっていました。つまり一日の始まりは日本時間の午前0時ではなく、夕方の17時(米国夏時間の場合は16時)となっていました。ですので、一日の予算が足りないアカウントなどは17時から夜中までに使い切ってしまって、朝から夕方まで一切出稿できていない、なんてことがよくありました。

ver.3での変更点と考察

ver.3になり、米国太平洋時間ではなく日本時間に変更されています。つまり一日の始まりは日本時間の0時にした、ということです。一日の予算を十分に確保できているアカウントは良いですが、そうでないアカウントはver.2の時に出稿していた時間帯と現在の出稿されている時間帯が変わってしまっている可能性があります。

例えば、ver.2のときは17時からから夜中にかけて出稿できていましたが、ver.3になって0時から朝までで予算を使い切り、日中にいっさい広告が出ないなんてこともありえます。これでコンバージョン率が悪くなったという方もいらっしゃるので、一度見なおしてみると良いと思います。もし見直す中で問題が発見されたなら、ver.3で実装された出稿時間帯の設定で調整すると良いかと思います

※ちなみに、インタレストマッチは今も昔も日本時間基準です。

時間帯基準についてのソースはこちら→http://bit.ly/zBb6fQ



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ