リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

機能が拡充してややこしくなった様々なリスティング広告配信方法まとめ

imgres

ここ最近(1年以内くらい)で様々な広告配信方法が増えました。

名称がアルファベット数文字の物や○○○ターゲティングなど、個人的に何が何だか分からなくなってきていたので代表的な広告配信方法のいくつかをまとめます。

■今回まとめた広告配信方法

検索広告向けリマーケティング広告(RLSA)

媒体:Google  サービス:アドワーズ  広告掲載先:Google検索結果ページ

指定したリストのユーザーがGoogleで検索している時に広告表示。
元となるリストの作られ方次第で配信量、成果に大きく影響が出る。
リマーケティングと似ているが、広告掲載先は検索結果画面。

参考:弊社過去記事1弊社過去記事2

類似(シミラー)ユーザーターゲティング広告

媒体:Google、Yahoo  サービス:GDN、YDN  広告掲載先:ディスプレイネットワーク、YDN

リストのユーザーと特徴がよく似ているユーザーに広告配信。
元となるリストの作られ方次第で配信量、成果に大きく影響が出る。
一度サイトに訪れているユーザーリストを使うため、新規ユーザー獲得時の精度が高まることに期待できる。

参考:弊社過去記事

サーチターゲティング広告

媒体:Yahoo  サービス:YDN  広告掲載先:YDN

ユーザーが検索したキーワードをトリガーに広告配信。
キーワードをトリガーとできるため、YDNのその他の配信方法に比べ配信精度が精緻。

参考:弊社過去記事

動的検索広告(DSA)

媒体:Google  サービス:アドワーズ  広告掲載先:Google検索結果ページ

キーワードではなく、ウェブサイトのコンテンツに基づいて自動的に広告表示。
サイトの作り、コンテンツ量によって配信量、成果に大きく影響が出る。
入れ替えの激しい大量の商品を扱うECサイトなどに向いている。

参考:弊社過去記事

動的リマーケティング広告

媒体:Google  サービス:GDN  広告掲載先:ディスプレイネットワーク

ユーザーがサイトで閲覧した商品を含む広告を表示することができる。
動的リマーケティング広告を使うためにはMerchant Centerとの連携が必要。

参考:弊社過去記事

商品リスト広告(PLA)

媒体:Google  サービス:アドワーズ  広告掲載先:Google検索結果ページ

キーワードではなくMerchant Centerの既存の商品フィードを使用して、広告の掲載方法と掲載場所を決定。
AdWordsのテキスト広告とは別枠でサムネイル付きで広告を表示できる。
※2014年8月下旬をもってサービス終了。以後はショッピングキャンペーンにアップグレード。

ショッピングキャンペーン広告

媒体:Google  サービス:アドワーズ  広告掲載先:Google検索結果ページ

商品リスト広告の機能を拡充したサービス
※弊社過去記事にて詳細を説明しています。

まとめ

検索広告向けリマーケティング広告(RLSA)や類似(シミラー)ユーザーターゲティング広告はリストを活用するという点で共通しています。

そもそも、リマーケティング広告でもリストをいかに作成するかが成果につなげるための重要なポイントです。

ユーザーの心理状態、モチベーションが時間経過によってどのように変化するのか、閲覧したコンテンツとの関連性はどうか、などなどリスト作りには様々な角度での分析、予測が必要です。

リストを制するものが広告配信を制する

と言っても過言ではないほどそのの重要性が増してきていますね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック