リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アフィリエイトサイトはリスティング広告を出せるのか?


インターネットをする方であれば、アフィリエイトという言葉もある程度一般的になってきたかと思います。

アフィリエイトをする際にまず直面する壁としては、自分の運営するアフィリエイトサイトへ多くアクセスを集めるという壁です。

SEOやメルマガいろいろな方法でのアクセス増加対策はありますが、そこでリスティング広告を利用されるパターンも多くあります。

そこで今回は、アフィリエイトサイトでリスティングをされる際の審査などポイントについてお話します。

アフィリエイトサイトってそもそもリスティング広告の審査に通るの?

結論から言いますと、通ります。Google AdWordsであっても通ります。

但し、通常のように広告主(自分の商品を売る人)が直接リスティング広告を出すときと比較すると、審査で見られる部分が多くなります。

そのため審査に落ちる方も多く、特にGoogle AdWordsではアフィリエイトサイトが審査に通らない、という噂があったりしますよね。

実はYahoo!とGoogleではアフィリエイトサイトをリスティング広告で掲載するための掲載ポリシーに違いがあります。その辺りを少し説明していきます。

アフィリエイトサイトのリスティング広告審査のポイント

Yahoo!プロモーション広告編

Yahoo!プロモーション広告は比較的アフィリエイトサイトに対して、審査のハードルが低めです。

Yahoo!への出稿の場合、これさえやればほぼOK!という審査を通す手立てがあります。まずは下記をご覧ください。

スクリーンショット_070114_072521_PM

こちらはYahoo!のガイドライン内にある記述ですが、要は『この広告はアフィリエイトです』ということを分かるようにしておいてください、という意味です。

この例では、それが分かるように広告文の最後に『アフィリエイト』と記述をしております。ただ、文字数の制限がある中で『アフィリエイト』と記述すると、入れたいキャッチコピーが入れられなくなりますよね。

そんな時には広告文の最後に『提携』といれる形でも、上記の要件を満たします。現在、Yahoo!プロモーション広告に出稿されているアフィリエイトサイトはほとんどがこの記述かと思います。

名称未設定-1

Yahoo!のスポンサードサーチではこういった広告をちょこちょこ見かけると思います。一番良く見るパターンは『/提携』ですが、特にスラッシュを使わなくてはいけない決まりもないので、とにかく最後にアフィリエイトだと分かるように『提携』と入っていればOKです。

Google AdWordsで言及するブリッジページなどに関してYahoo!では厳しい規定などはありませんので、Yahoo!プロモーション広告ではブリッジページでの出稿が現在は可能です。ですので、リスティング広告を利用する多くのアフィリエイトサイトはYahoo!プロモーション広告を多く利用しています。

>>Yahoo!プロモーション広告ヘルプ【2. アフィリエイトサイトの広告表現】

Google AdWords編

アフィリエイトサイトのリスティング広告出稿を考えるときに一番問題になるのが、Google AdWordsの審査ですね。

上述しましたブリッジページへの広告出稿は認められておりませんので、ブリッジページで審査に落ちた=AdWordsではアフィリエイトサイトの出稿ができないと考えている方が多いようです。

ブリッジページというのは、アフィリエイト等を目的とした特定のリンクをクリックさせるだけの目的のサイトです。

ブリッジページの例としては極端な例ですが、下記のようなサイトを見たことがありませんでしょうか?

名称未設定-2

この例で言う『詳しくはクリック!』というボタンがアフィリエイトリンクになっていて、クリックすると販売サイトへ誘導されます。これがいわゆるブリッジページです。

Yahoo!でリスティング広告を出稿されているアフィリエイトサイトの多くはこのパターンですが、Googleではこういったサイトのリスティング広告の掲載が許可されません。理由としては、ここを経由してもユーザーにとって全くメリットがないサイトだから、というところだと思います。

要するに、とりあえずちゃちゃっと作った中身の無いサイトではGoogle AdWordsに広告が出せません

しかしながら、ブリッジページがNGだからといって、Google AdWordsで広告出稿ができないというわけではありません。アフィリエイトサイトだとしてもそのサイトに十分な独自性や存在価値などがあれば問題なく出稿が可能です。

Google AdWordsのヘルプにもアフィリエイトに関する記述もありますので掲載自体は可能ですが、Googleが求める独自性のあるコンテンツのハードルはかなり高めで、副業で・・・くらいの気持ちで作るサイトではなく、アフィリエイトを本業として食べている方が作るレベルのサイトでないと審査が通らないような感覚です。

実際、アフィリエイトの代表的な例を挙げると、Googleで『クレジットカード 比較』などで検索していただくと、アフィリエイトサイトだと思われる多くのクレジットカードの比較サイトがGoogle AdWordsの出稿をしています。

見て頂いて分かる通り、ぱっと見ではアフィリエイトサイトだと思わないくらいの高クオリティのサイトばかりだと思います。これくらいのアフィリエイトサイトであればGoogle AdWordsへの出稿は可能です。

具体的にはどうすればいいかというと少し古い記事もありますが、下記を読み込んでいただくのが良いかと思います。

http://adwords-ja.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html

https://support.google.com/adwordspolicy/answer/45068

https://support.google.com/adwordspolicy/answer/14844

データ入力のアフィリエイトプログラムが名指しで掲載禁止にされているのも注意ですね。

それと、AdWordsで掲載できているレベルのアフィリエイトサイトは、Yahoo!プロモーション広告上では『提携』表記なしでも掲載がされているのも確認できます。

まとめ

Yahoo!プロモーション広告にもGoogle AdWordsにもアフィリエイトサイトの広告掲載は可能ですが、現実的にはちょっとやってみようレベルではYahoo!プロモーション広告のみの出稿が現実的かと思います。

Google AdWordsでブリッジページでも一瞬審査が通ってしまうケースも見かけますが、すぐに再審査され審査落ちします。Google AdWordsへの広告出稿は相当なコンテンツがなければ審査に通りませんので、取り組む場合は相当に気合を入れて取り組んでみてください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック