リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

コンバージョンに至ったクリックなどの各CVのまとめ《Google AdWords》

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3731

最近、AdWordsの管理画面を見たら

コンバージョンに至ったクリック

とかあって

『え?なにそれ?クリックなの?コンバージョンなの?は?』みたいになった方も多いかと思います。

AdWordsにもここ数年でCVの種類が色々出てきたりしていて分かりづらいですよね。

よく使われるものをちょっと整理してみたいと思います。

よく使うコンバージョンまとめ

コンバージョンに至ったクリック

これは旧クリックスルーコンバージョンと同じ意味になりますね。Yahooで言えばユニークコンバージョンに当たります。

一回の広告クリックで複数回の購入があっても、あくまでコンバージョンに至ったクリックは1になります。

コンバージョン

これは旧総クリックスルーコンバージョンになります。Yahooでは総コンバージョン数ですね。

一回の広告クリックで3回の購入があったら、コンバージョンは3になります。

ビュースルーコンバージョン

GDNでイメージ広告を配信している場合、そのイメージ広告が表示だけされてクリックをしなかったのに、何かしら経由でコンバージョンに至った数。

要はGDNのバナー広告を見ただけでクリックせずにコンバージョンしたユーザーの数で、間接効果を計るときによく出てきます。

※イメージ広告のみが計測でき、テキスト広告は計測できません。

推定合計コンバージョン

通常のコンバージョンの数値に加えて、ブラウザやデバイスをまたいで達成したコンバージョン数を加えた数値です。

推定合計コンバージョン=コンバージョン+ブラウザやデバイスをまたいだコンバージョン数

なので必ず、コンバージョン ≦ 推定合計コンバージョン、となります。

但し、推定合計コンバージョンの動作の条件として、

デバイスをまたいだコンバージョンの推定件数が表示される可能性を高めるために、アカウントで毎日 50 件以上のコンバージョン

というものがありますので、小規模アカウントではほとんどが、コンバージョン=推定合計コンバージョン、となっているかと思います。

※現在、推定合計コンバージョンが計測できるのは、検索連動型広告のみとなります

まとめをさらにまとめ

コンバージョンに至ったクリック・・・コンバージョンのユニーク数

コンバージョン・・・コンバージョンの総数

ビュースルーコンバージョン・・・イメージ広告を見ただけでコンバージョンした数(間接効果の度合い)

推定合計コンバージョン・・・通常のコンバージョン数+デバイスやブラウザをまたいで達成されたコンバージョン数

ということになりますね。

コンバージョンはどんどん項目が増えて、なかなか分かりづらいものも多いのですが、コンバージョンはリスティング広告を運用する上で最も大事な指標ですので、しっかりと理解しておきたいですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック