リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google AdWords】キーワードプランナーとキーワードツールの違いについて

最近、こちらの画像の表記が突然出てきて

『えっ?』

と思われた方はいらっしゃいませんか?この文面通り、数ヶ月以内に、外部向けキーワードツールは利用できなくなるようです。

外部向けキーワードツールというのはAdWordsにログインせずに使用できていたキーワードツールのことですね。

リンク:外部向けキーワードツール

いつ外部向けキーワードツールが使用できなくなるかははっきりしませんが、今後は、少し前にAdWordsアカウント内に追加されたキーワードプランナーというツールで対応する必要があるそうです。

キーワードプランナーってなに?どこにあるの?

キーワードプランナーはAdWordsの管理画面からしか見ることができません。管理画面の『ツールと分析』の中にリンクがあります。

キャプチャ1

ここから進むと、下記のような画面になります。

キャプチャ2

キーワードプランナーは、従来のキーワードツールと御見積計算ツールの2つを合わせたようなツールです。

上記のオプションで言えば

  • キーワードと広告グループの候補を検索する=キーワードツール
  • キーワードを入力またはアップロードして見積もりを取得する=御見積計算ツール
  • キーワードリストを組み合わせる=新機能

というふうに考えていただければ良いかと思います。(各オプションをクリックして頂くと、ちょっと見慣れた項目が出てきます)

今までと何が違うの?

キーワードツールと御見積計算ツールを合わせたようなツールではありますが、上記のように少しだけ新しい部分などがありますので3点ほど従来までのツールとの違いを記載します。

①キーワードを掛けあわせてキーワードリストが作れる

ツール上でキーワードの掛け合わせができるようになりました。

キャプチャ3

このように入力すると

キャプチャ4

このような掛け合わせ後のデータが得られます。

②出てきたデータにフィルターが掛けられる

キャプチャ5

今までは出てきたデータのうち要らないキーワードのものなどは手動で除外する他ありませんでしたが、上記のように検索ボリュームやCPCなどでフィルタを掛けることができます。

③データの項目の変更

今までのツールのデータの項目と変わった部分がいくつかあります。

  • ローカル月間検索ボリュームとグローバル月間検索ボリュームは『平均月間検索ボリューム』に統合
  • 広告シェア、検索シェアの削除

詳しくはこちらの公式ヘルプを御覧ください。

まとめ

現在のところ、外部向けキーワードツールのみ廃止という表記がありますが、キーワードプランナーがある以上、AdWordsのアカウント内でもキーワードツールや御見積ツールは無くなってしまうかもしれません。

こういったツールは早めに使い方を覚えると吉ですので、是非一度触ってみて下さい。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

堤 大輔

この記事を書いた人

堤 大輔

株式会社カルテットコミュニケーションズ代表取締役
「世界一効率的な代理店になる」ために日々頑張っています!

同じカテゴリの最近の記事