リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【AdWords】キーワードプランナーとキーワードツールの違いについて

544273d04f17e3b8ac10aeddc7a6319d

最近、こちらの画像の表記が突然出てきて

『えっ?』

と思われた方はいらっしゃいませんか?この文面通り、数ヶ月以内に、外部向けキーワードツールは利用できなくなるようです。

外部向けキーワードツールというのはAdWordsにログインせずに使用できていたキーワードツールのことですね。

リンク:外部向けキーワードツール

いつ外部向けキーワードツールが使用できなくなるかははっきりしませんが、今後は、少し前にAdWordsアカウント内に追加されたキーワードプランナーというツールで対応する必要があるそうです。

キーワードプランナーってなに?どこにあるの?

キーワードプランナーはAdWordsの管理画面からしか見ることができません。管理画面の『ツールと分析』の中にリンクがあります。

キャプチャ1

ここから進むと、下記のような画面になります。

キャプチャ2

キーワードプランナーは、従来のキーワードツールと御見積計算ツールの2つを合わせたようなツールです。

上記のオプションで言えば

  • キーワードと広告グループの候補を検索する=キーワードツール
  • キーワードを入力またはアップロードして見積もりを取得する=御見積計算ツール
  • キーワードリストを組み合わせる=新機能

というふうに考えていただければ良いかと思います。(各オプションをクリックして頂くと、ちょっと見慣れた項目が出てきます)

今までと何が違うの?

キーワードツールと御見積計算ツールを合わせたようなツールではありますが、上記のように少しだけ新しい部分などがありますので3点ほど従来までのツールとの違いを記載します。

①キーワードを掛けあわせてキーワードリストが作れる

ツール上でキーワードの掛け合わせができるようになりました。

キャプチャ3

このように入力すると

キャプチャ4

このような掛け合わせ後のデータが得られます。

②出てきたデータにフィルターが掛けられる

キャプチャ5

今までは出てきたデータのうち要らないキーワードのものなどは手動で除外する他ありませんでしたが、上記のように検索ボリュームやCPCなどでフィルタを掛けることができます。

③データの項目の変更

今までのツールのデータの項目と変わった部分がいくつかあります。

  • ローカル月間検索ボリュームとグローバル月間検索ボリュームは『平均月間検索ボリューム』に統合
  • 広告シェア、検索シェアの削除

詳しくはこちらの公式ヘルプを御覧ください。

まとめ

現在のところ、外部向けキーワードツールのみ廃止という表記がありますが、キーワードプランナーがある以上、AdWordsのアカウント内でもキーワードツールや御見積ツールは無くなってしまうかもしれません。

こういったツールは早めに使い方を覚えると吉ですので、是非一度触ってみて下さい。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック